• HOME
  • ようこそ
  • エリアマップ
  • 入園のご案内
  • アクセスマップ
  • 花ごよみ
  • 花ものがたり
    • 四季の花ものがたり
    • バラものがたり
    • ロサ博士に学ぶバラ講座

花ものがたり

HOME > 花ものがたり > 四季の花ものがたり > チューリップ

四季の花ものがたり

チューリップ

春の花壇を色とりどりに染めるチューリップ。
ユリ科チューリップ属の花で、花色が豊富なのはもちろん、 一重や八重、花の先端が尖ったユリ咲き、フリルの花びらのパロット咲き、 花先がギザギザになったフリンジ咲きなど多くの種類があります。 名前も「アラジン」「ピンク・ダイヤモンド」「バレリーナ」など かわいらしいものが多いですね。

そんなチューリップの原産地は、トルコから中央アジアにかけての地域。 オランダを連想される方も多いのですが、ヨーロッパへは16世紀中頃に伝わり、 日本へは1863年にフランスから入ってきました。

ちなみにオランダでは、1634〜37年の間、 上流階級の間でチューリップ人気が熱を帯び、 球根がとんでもない高値で取引きされるようになりました。 珍しい球根がなんとビール工場と交換されたという逸話も残っています。 チューリップの新品種が競って投機の対象にされたため、 経済的混乱に陥ったこの4年間は、 有名な「チューリップ狂時代」として歴史に刻まれています。

しかしこの時代のおかげで、多種多様な種類と系統のチューリップが誕生し、 チューリップ人気はますます高まりました。 今日では、その数約5,600品種といわれ、 日本国内で出回るものだけでも、100種以上にはなるようです。

ところで、チューリップの花名の語源は、 トルコ語の「ツルパン」(Tulipam:ターバンの意)から。 ターバンに似ているからとも、ターバンのトルコ語トゥルバンドを 花の名前と勘違いして伝えられたからともいわれています。 ちなみに和名は、鬱金香(うこんこう、うっこんこう)。

湧永満之記念庭園では、色とりどりのチューリップが誇らしげに咲いています。

花言葉は、花色によって異なり、 赤いチューリップ「あなたを愛します」、黄色は「望みなき愛」、 白色は「失恋」。また、紫色は「私は愛に燃える」など。