• HOME
  • ようこそ
  • エリアマップ
  • 入園のご案内
  • アクセスマップ
  • 花ごよみ
  • 花ものがたり
    • 四季の花ものがたり
    • バラものがたり
    • ロサ博士に学ぶバラ講座

花ものがたり

HOME > 花ものがたり > 四季の花ものがたり > 萩(ハギ)

四季の花ものがたり

萩(ハギ)

IMG_5628.jpg

秋風を肌に感じる頃になると、 緑色で占められていた公園や野原にも 色とりどりの野花が咲きはじめます。

紅紫色の蝶を思わせる可憐な花をつけた萩も そんな花のひとつ。
日本原産のマメ科ハギ属の総称で、 キハギ、ヤマハギなど種類がありますが、 最もポピュラーなのは、 紫色で枝垂れて咲くミヤギノハギです。

かの山上憶良が万葉集で、

  「秋の野に咲きたる花を指折りかき数ふれば、
    七種の花 萩の花 尾花 葛花
        瞿麦(なでしこ)の花 女郎花(おみなえし)
        また藤袴 朝貌(あさがお)の花」

と秋の七草のはじめに詠んでおり、 古代から日本の秋の訪れには欠かせない花とされてきました。 また、この歌のほかにも、 万葉集では萩を詠んだ歌が最も多く、 その数は140首にものぼります。

名前の由来は、葉を落として冬を越し、 古株から新芽が多く萌え出る「生え芽」の意味で、 「え」が省略されて「はぎ」になったといわれたり、 小さな葉が歯の形に似ているので、 「歯木(はぎ)」になった、などの説があります。

花言葉は、「想い」「あなたを見つめる」など。