• HOME
  • ようこそ
  • エリアマップ
  • 入園のご案内
  • アクセスマップ
  • 花ごよみ
  • 花ものがたり
    • 四季の花ものがたり
    • バラものがたり
    • ロサ博士に学ぶバラ講座

花ものがたり

HOME > 花ものがたり > 四季の花ものがたり > ハナショウブ

四季の花ものがたり

ハナショウブ

すらりと伸びた茎に、紫の花が美しく映える花菖蒲(ハナショウブ)。
しっとりとした日本情緒を感じさせてくれますね。
野生種のノハナショウブが原種で、 古代より鑑賞用に改良が重ねられました。 江戸時代から本格的に改良され、 江戸系、肥後系、伊勢系と3つの品種群に分かれ、 現存する品種は2,000以上といわれます。

端午の節句に、飾ったり菖蒲湯にして楽しむ「ショウブ」と しばしば混同されますが、ショウブと花菖蒲は、 まったく別もの。ショウブはサトイモ科に属し、 蜜状の小さな黄色い花をたくさんつけるのに対し、 花菖蒲はアヤメ科に属します。
同じアヤメ科の仲間には、 「いずれあやめかかきつばた」と言われるように、 アヤメ、カキツバタと区別の難しい種類がありますが、 簡単な見分け方は、花びらの基のところの色や模様。 花菖蒲は黄色、カキツバタは白、 アヤメは網目状の模様がそれぞれあります。

ところで、ここで花菖蒲を詠んだ歌を ひとつご紹介しましょう。
  「さみだれに 沼の石垣 水こえて
    いずれがあやめ 引きぞわづらう」

これは、『源平盛衰記』の鵺(ぬえ/妖怪)退治で名を馳せ、 歌人としても有名な源三位頼政が詠んだ歌で、 「どれも優れていて選択に迷う」ことを言っています。 当時は「ショウブ」「花菖蒲」ともに「あやめ」と呼ばれ、 たいへん紛らわしかったことから、 「いずれがあやめ」という表現が流行していました。 この歌はその表現をうまく利用したもので、 詠まれた背景は、こんなエピソードがあります。

頼政は、鳥羽院寵愛の宮中一の美女、 あやめ御前に想いを募らせていましたが、 やがてこれは院の知るところとなりました。
5月5日の夕暮れ、院は頼政を呼びつけ、 あやめ御前と、ほかによく似た女性二人に同じ姿をさせ、 「みごと当てたらあやめをゆずろう」と難題を出しました。 そこで困った頼政が、詠んだのが前記の歌だったのです。 この巧みさに感服した鳥羽院は自らあやめ御前の手を取り、 頼政に賜ったと記されています。

  花言葉は、「やさしい心」「優雅な心」など