• HOME
  • ようこそ
  • エリアマップ
  • 入園のご案内
  • アクセスマップ
  • 花ごよみ
  • 花ものがたり
    • 四季の花ものがたり
    • バラものがたり
    • ロサ博士に学ぶバラ講座

花ものがたり

HOME > 花ものがたり > 四季の花ものがたり > サザンカ

四季の花ものがたり

サザンカ

落ち葉舞う晩秋から初冬にかけて、花を咲かせるサザンカ。
花の少ない時期の庭に、彩りを添えてくれる貴重な花で、 冬の茶席でもよく使われます。

童謡「焚き火」でも
♪〜 サザンカ サザンカ 咲いた道
     焚き火だ 焚き火だ 落ち葉焚き 〜♪ 
と歌われていますね。

日本原産のツバキ科の常緑小高木で、 四国や九州などの温暖な地域に自生しますが、 一般には鑑賞用として植えられています。

中国名を「茶梅」と言い、これが本来の漢字名ですが、 日本では中国のツバキにあたる名「山茶花」をサザンカと呼んでいます。
読みは、「山茶花(サンサカ)」→「茶山花(ササンカ)」→「サザンカ」と 変化しました。名前の由来は諸説ありますが、 花の香りがツバキよりも強いサザンカは、 お茶に香気をつけるために用いられていた歴史があり、 そのため「山茶花」の名がついたという説もあります。

ツバキの仲間ですが、花が丸ごとぽとりと落ちるツバキと比べて、 サザンカは花びらを一枚ずつ散らしていきます。

江戸時代の初期には、すでに園芸品種として知られていましたが、 長崎の出島に来ていた医師ツンベルクが欧州へ持ち帰り、西欧でも広まりました。 学名「Camellia sasanqua」も、英名「Sasanqua」も、和名の「サザンカ」にちなんで。 現在では園芸品種も数多く、花色も淡紅色、桃色、白などがあります。

花言葉は、「困難に打ち勝つ」「ひたむきさ」など。