あなたの元気を未来につなぐ WAKUNAGA

ニンニクを科学する

ホーム > ニンニクを科学する > ニンニクレシピ

食卓の健康 ー 料理の鉄人に習う家庭料理と料理の心 ー

にんにくの四季 「なすのオランダ煮」

道場 六三郎

みちばろくさぶろう

みちばろくさぶろう
1931年1月3日、石川県山中温泉生まれ。
19歳で本格的に料理人としての第一歩を踏み出す。フジテレビの『料理の達人』では、27勝3敗1引き分けの輝かしい成績を収め、最強鉄人決定戦等、すべてのタイトルを手にした。現在、銀座「ろくさん亭」と「懐食みちば」でその名人の味を楽しめる。2005年「現代の名工」受賞、2007年「旭日小綬章」受賞。
■ 銀座ろくさん亭
TEL 03-3571-1763
■ 懐食みちば
TEL 03-5537-6300

旬の食材が持つパワーを最大限、引き出した一品

僕の料理は5・6割が野菜料理です。食べることは健康の基本。
ですから身体に優しい料理をいつも心掛けています。旬の野菜は味が濃くて美味しく、自然のエネルギーが詰まって身体にいいものばかりです。茄子もそうで、旬である秋には果肉がしまって、パワーがいっぱいです。こういう食材は「どう調理しようか」と、四六時中考えてしまいますね。
 そういうときは夢に出てくることもあります。茄子をさっと揚げて炊く「茄子のオランダ煮」にも夢のお告げがありました(笑)。
年を重ねるごとに、第一線で活躍しているよき友も増えました。おかげで、自分の世界が広がり、創作意欲もどんどん増してきました。
「今宵、魯山人が食通の客をもてなすときはどんな料理を振舞うだろう」「もし国賓が僕の料理を召し上がることになったら、どんなメニューにしようか」  こんなふうに、あれこれと夢に出てくるまで想像するのは楽しいし、自分自身への励みにもなります

なすのオランダ煮
【材料】 (4人前)
茄子 4本、にんにく 1片、昆布・かつお節 適量、赤唐辛子 2本、おろし生姜 適量、合わせ調味料―かつおだし 150cc、酒 150cc、みりん50cc、いしる(イカのしょう油、なければ濃い口しょう油でもよい)50cc、砂糖 適量
【作り方】
  • (1) 茄子は針打ち(針や串で細かく突き刺すこと)をし、薄いミョウバン水に約20分浸けて色鮮やかな紫色にする。
  • (2) (1)を洗って水をよくきった後、縦半分に切って皮に5~6本切り目を入れて、そのまま、200℃の高温の油で揚げる。
  • (3) (2)をザルに上げ、湯を回しかけて油抜きをする。
  • (4) (3)を鍋に並べる。赤唐辛子、昆布、キッチンペーパーなどで包んだかつお節をその上にのせ、合わせ調味料とすりおろしたにんにくを入れる。約20分弱火で汁がなくなるくらいまで炊きあげる。
  • (5) (4)を器に盛り付け、おろし生姜を天盛りにして飾る
「ろくさん」直伝 料理のポイント
  • ◆ 合わせ調味料の地がなくなるまで弱火でじっくりと 炊き上げるのが、味がしっかりと染みるコツです。

» レシピを印刷する

※ご家庭で再現しやすいように、手軽に手に入れられるリーズナブルな食材で料理を作っています。ぜひお試しください。

本ページの記事は湧永製薬発行情報誌“大元気 秋号”に好評掲載中です。
次回「秋号」をお楽しみに

バックナンバー
道場 六三郎のニンニクレシピ 2008年秋「なすのオランダ煮」 道場 六三郎のニンニクレシピ 2008年夏「ガスパッチョ素麺」 道場 六三郎のニンニクレシピ 2008年春「鶏もも肉の鍬焼き」 道場 六三郎のニンニクレシピ 2007年冬「肉じゃが」 服部幸應のニンニクレシピ 2007年秋「簡単!韓国風からあげ」 服部幸應のニンニクレシピ 2007年夏「夏にピッタリ!海老のスパイス炒め」 服部幸應のニンニクレシピ 2007年春「簡単!これさえあれば何でも本格キムチ」 服部幸應のニンニクレシピ 2006年冬「簡単!本格マーボー豆腐」