あなたの元気を未来につなぐ WAKUNAGA

わくわく健康情報館

今月の健康情報 バックナンバー

寒さに負けないために!!冷え症対策
by Kanako Aramaki,M.Eng. (湧永製薬 学術部)


 寒くなると、手足の先が極端に冷たくなり、温めてもなかなか温まらないという人がいます。このような「冷え症」の人は、これまでは女性に多いと言われていましたが、最近では、中高年の男性でも冷えを感じるという人がいます。冷え症対策を行って、毎日元気にすごしましょう。

★☆冷え症の原因☆★

 冷え症には「特に病気ではないが冷えがある場合」と、「何らかの病気が原因で冷えがある場合」の2つに大別されます。

一般に冷え症といわれる人のほとんどが、前者に該当します。

hieshou1.bmp


なかでも・・・自律神経の乱れは冷えの根本的要因

 自律神経は、心臓などの臓器の働きを調節したり、体温を調節するなど、意思とは関係なく働いている神経です。自律神経には、主に活動時に優位に働く「交感神経」と、主に休息時に優位に働く「副交感神経」があります。
ストレスを受けると、交感神経が興奮した状態が続き、副交感神経とのバランスが取れなくなってしまいます。自律神経が乱れると適切に手足を温めたり、冷やしたりする調節ができなくなります。(NHK きょうの健康 2005年12月号より)

hieshou2.2.bmp

★☆今日からできる冷え症対策☆★

 日常生活に気を配ることによって、冷え症を改善することができます。体を温める工夫を毎日の生活に取り入れていきましょう。

◆体を温める食事
 食べ物は体を温める熱の元になります。かぼちゃやにんにく、サンマ、鶏肉など、体を温める食材をバランスよく摂ると良いでしょう。
hieshou3.bmp ◆リラックスをする
 リラックスした状態では、「副交感神経」が優位になり、末梢血管が拡張して、手足が温かくなります。独自のリラックス法を生活の中に見つけると良いでしょう。
hieshou5.bmp

◆温かい飲み物
 特に、お酒は血行をよくし、体温を上昇させます。冷たいお酒ではなく、温かいお酒を少量飲むと良いでしょう。
◆運動で体を温める
 適度な運動は血行を良くし、うっ血を少なくします。更に、筋肉は1日の活動で生み出す熱の約6割をつくっています。筋肉を鍛えることで熱の生産量が増えます。


◆心地よい睡眠
 食事と同じぐらい大切なのが充実した睡眠です。長くても短くても、快眠を得る大きなポイントは就寝・起床の眠りのリズムを整えることです。
hieshou4.bmp ◆冷暖房や衣服の調節
 自律神経が対処できるのはおよそ7℃までと言われています。室内温度を調節したり、カイロや上着を上手に利用すると良いでしょう。


冷え症にお勧めの治療薬

漢方薬

六君子湯・・・胃腸が弱く、つくられる熱の量が少ない場合

加味逍遥散、桂枝茯苓丸、当帰芍薬散・・・血流が悪く、熱を全身にうまく運べない場合

真武湯・・・むくみやすく、体に水分がたまりやすい場合


漢方以外の治療薬

ビタミンE製剤

抗不安薬,睡眠薬


(NHK きょうの健康2008年12月号より)


 冷え症とは、「ある特定の部分が冷え、不快に感じる状態」のことです。自覚症状が基準になっていますので、冷えて辛いと感じていれば、その人は冷え症ということになります。冷え症の原因を理解し、症状の改善に取り組みましょう。

いかがでしたか?健康について、お近くのクスリ屋さんに相談してみませんか?
湧永製薬は「日専同」を応援しています!