あなたの元気を未来につなぐ WAKUNAGA

わくわく健康情報館

今月の健康情報 バックナンバー

腸内細菌を知ろう!!
by Kanako Aramaki, M.Eng.(湧永製薬 学術部)


私達のお腹の中にはたくさんの細菌(腸内細菌)がいることをご存知ですか?この腸内細菌は、食べ物の消化、食中毒の予防、アレルギーの症状改善、そしてお肌の調子を整えることなど、私達の健康を維持するために活躍してくれています。そんな腸内細菌を身近に感じる情報をご紹介いたします。

●腸内細菌とは?●
腸内細菌とは、ヒトや動物の腸の内部に生息している細菌のことをいいます。ヒトの腸内には約100種類、100兆個以上の腸内細菌が存在しており、種類ごとに腸の中を棲み分けています。その様子を顕微鏡で見ると、野山に咲く花畑のように見えることから『腸内フローラ(花畑)』とか腸内細菌叢と呼ばれていて、この腸内フローラの状態がヒトの健康と密接に関わりあっています。腸内細菌の状態が悪い時は、便秘や下痢、肌荒れを生じることが知られており、腸内環境の改善が美容と健康の鍵を握っているといわれています。

●腸内にはどんな菌が棲んでるの?●
膨大な量の腸内細菌は大きく善玉菌・日和見(ひよりみ)菌・悪玉菌の3種類に分けられます。理想の割合は2:7:1といわれていますが、善玉菌が悪玉菌よりも多いことが健康的な腸内環境です。
chounaisaikin.JPG

eiyouso2.JPG

●加齢による腸内環境変化●
加齢にともない、ウンチの臭いが気になる方は多いと思います。それは、体が老化し消化機能が低下した結果、腸の中で食べ物が長く留まるために悪玉菌が増殖しやすい環境になるからです。お年寄りの、糞便中の腸内細菌を調べてみると、ビフィズス菌の数が大幅に減少し、10人に3人ぐらいはビフィズス菌が全く検出されない方もいるようです。


nennreisaikin.JPG


ウンチが教えてくれる腸内環境
腸内環境を知るには、ウンチをチェックするのが一番です。できるだけ決まった時間に、頻度・出方・色・分量・臭い・硬さを確認してみましょう。
bennkeijyo2.JPG


●腸内環境を整えるには?●
腸内環境は食事やストレスによって大きく変化します。食事は乳酸菌を多く含むヨーグルトや漬物、オリゴ糖などのビフィズス菌や腸内の有用菌を増やす成分、食物繊維が豊富な野菜などを積極的に食べましょう。食事で摂るのが大変だという方は、サプリメントがお勧めです。最近では、腸内細菌を生菌のまま腸に届けられるサプリメントがありますので、上手に活用してください。また、悪玉菌を増やす肉類 と油脂類の摂り過ぎ、過度のストレスに気をつけましょう。


いかがでしたか?健康について、お近くのクスリ屋さんに相談してみませんか?
湧永製薬は「日専同」を応援しています!