あなたの元気を未来につなぐ WAKUNAGA

わくわく健康情報館

今月の健康情報 バックナンバー

男性よりも4倍ほど多いといわれる女性の片頭痛。日頃の生活管理は?
by Naoyuki Takasugi ,Ph.D (湧永製薬 学術部)


 片頭痛に悩む女性の割合は、男性よりも4倍ほど多いといわれています。女性の片頭痛の多くは、女性ホルモンの変動によって大きく影響されます。片頭痛は若い女性に多く、初めは10代で感じ始め、20〜40代で最も多くなり、年齢を重ねると少なくなる傾向にあります。ピーク時には5〜6人のうちの1人が片頭痛を持っていると言われています。


 月経関連の片頭痛は、他の片頭痛の発作に比べて…砲澆強い、∋続時間が長い、再発し易い、といった特徴があります。特に、生理の初日前後の片頭痛は重症であることが多く、時には市販の鎮痛剤では効きにくいケースがあります。このため、生活の質まで低下してしまうこともあります。
 月経の片頭痛は、毎月決まった時期におこる可能性があるため、その個人の重症度によって、その期間中でなくとも不安な気持ちで日々を過ごすことにもなりかねません。日常生活に支障がある場合は、我慢をせずに治療を受けて、きちんと対処することも大切となります。

neoki.JPG


◆◇20〜30代女性の生理時に好発する片頭痛の特徴◇◆

 ,い弔發諒卞痛よりも持続的な痛みがある。
◆,い弔發猟団北瑤効きにくい、もしくは効かない。
 一旦良くなってもまた再発する。
ぁ‥任気などの症状があり重度である。

hennzutuu20-40.JPG


◆◇見逃されやすい月経関連片頭痛◇◆

 女性の片頭痛の6~7割は、月経周期に関連しています。女性では12歳から15歳の初潮の始まる頃から片頭痛が多くなります。しかし調査によると、本人が月経に関連した片頭痛と認識していない割合は15%を占めています。

gekkeimae%20hennzutuu3.JPG


◆◇月経関連片頭痛とは◇◆

 月経関連片頭痛は、生理や排卵日前後のホルモンバランスの乱れによって起こります。多くの女性が感じる片頭痛は、卵胞ホルモンのエストロゲンと密接な関係があります。女性は月経周期によって、エストロゲンとプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が大きく変動します。エストロゲンの分泌は排卵前にピークになり排卵後に急減します。その後、再び上昇し月経前に減少します。排卵や月経のエストロゲンが減少する際に、片頭痛の回数が増える傾向にあります。
 エストロゲンが急減に低下すると、セロトニン神経機能が低下して脳の血管が拡張することになります。拡張した血管は三叉神経を刺激して、月経関連片頭痛が発症します。毎月繰り返し起こる頭痛は生理周期と関係があるのですが、それに気付いていない女性も多く、頭痛を我慢してしまうのです。

gekkeimae%20hennzutuu%20kaisuu3.JPG


【日頃の片頭痛の生活管理!】
◆さますと効果的
過剰になった熱をさますことは、拡張した血管を収縮させ痛みを鎮めるのに効果的です。外出時や職場では、冷たい缶ジュースやペットボトル飲料を利用するのも良いでしょう。

◆頭痛が起こりやすい状況を避ける
気分転換をはかり、ストレスを溜めないように気をつけましょう。食べ物ではチョコレートや赤ワイン、チーズなどの食材は脳血管の拡張を引き起こす為、なるべく摂取を控えましょう。

◆頭痛に響く音や光への対策
強い光が刺激になるので、外出時にはサングラスをかけましょう。片頭痛が起こった場合には、暗くて静かな所で仮眠をしたり、アイマクスクや耳栓を使用しましょう。







いかがでしたか?健康について、お近くのクスリ屋さんに相談してみませんか?
こちらから、お近くの日専同のお店が探せます。

湧永製薬は「日専同(日本専門薬局同志会)」を応援しています!