あなたの元気を未来につなぐ WAKUNAGA

わくわく健康情報館

今月の健康情報 バックナンバー

疲れ目と眼精疲労は別のもの!眼精疲労を予防するためには?
by Kanae Fujiura (湧永製薬 学術部)


 目を通じて得られる情報は80〜90%と言われており、目は無意識のうちに酷使されています。スマートフォンやパソコンの長時間の使用や、ドライアイなどにより、継続的に目が疲れている状態が眼精疲労です。眼精疲労の予防のポイントを紹介します。


◆◇物を見る仕組み◇◆

menokouzou.jpg
 目で物を見る仕組みは、よくカメラを例にして説明されます。角膜と水晶体はピントを調節するレンズに、網膜はフィルムにあたります。水晶体の厚みを変えることにより、遠くの物、近くの物にピントを合わせることが出来るようになっています。網膜に映し出された情報は電気信号に変わり、脳へ伝達されます。脳がその信号を処理してはじめて『目が見えた』となります。物は“目”で見ているのではなく、“脳”で見ているのです。


《目の豆知識》
眼球の直径 : 約24mm(10円玉と同じくらいの大きさ)
眼球の重さ : 7〜8g
涙の分泌量 : 1日約1-2mL、1年で約420mL
視野  :  約200度(時速60kmの車走行中では約30度)

参考書籍 : 人体のからくり(宝島社)


◆◇疲れ目と眼精疲労◇◆

 “疲れ目” と “眼精疲労” は同じものだと思われがちですが、実は違います。大きな違いは、症状の重さです。“疲れ目” は、一時的な目の疲れのことを言い、睡眠をとるなどの休息によって自然と解消されるため、身体への影響はありません。一方、“眼精疲労” は、眼痛・視力低下・肩こり・頭痛のような症状が出て、継続的に繰り返されることになります。目の疲れを感じていなくても、1時間に1分は遠い場所を見るなどして、目のストレッチをしましょう。



◆◇眼精疲労の原因は?◇◆

 眼精疲労の原因で最も多いのが、スマートフォンやパソコンなどのVDT(画像表示端末:Visual Display Terminals)機器を長時間使用する事による目の疲れです。集中して画面を見つめ、眼球の動きのない状態が続くと、眼球を動かすための7本の筋肉と、ピントを合わせるために“水晶体”の厚さを調節している筋肉が筋肉疲労を起こしてしまいます。また、VDT作業でまばたきが減り、さらにコンタクト装着やエアコンの風が当たる環境などで涙が蒸発しやすくなるドライアイも原因であると考えられています。



《iPS細胞で目の病気が治る!?》
 加齢黄斑変性は、加齢が原因で起こる眼の病気で、失明原因となる病気の一つとして知られています。黄斑は網膜の中心にあり、物を見るために一番重要な部分です。そのため、加齢黄斑変性が起こると、視野の中心が歪む・暗くなる・ぼやける といった症状がでてきます。最近、iPS細胞(人工多能性幹細胞:Induced Pluripotent Stem)の技術を利用して、この病気の方の皮膚からとった細胞を網膜の細胞へと変化させ、移植することに成功したことが報告されています。これから は“進行を抑える” ではなく “治す” ことができる病気が増えていくかもしれないですね。


◆◇眼精疲労を予防しよう!◇◆

★眼球やその周りを温めよう
血液の流れをよくして筋肉の疲労物質を取り除いて、筋肉を柔らかくします

★眼球を動かして筋肉をほぐそう
‐絏爾貌阿す ∈険Δ貌阿す 0貅させる
meunndou.jpg

★十分な睡眠を心掛けよう
眠りが深い状態(ノンレム睡眠)時には、眼球運動が停止してまぶたの上方にあるため、筋肉が休まります

★目に大切な栄養素や成分を摂取しよう
ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンE、ルテイン、アントシアニン などは、目にとって大切な栄養素・成分です
shokuzai2.jpg

参考書籍:きょうの健康(NHK)、目のトラブル(法研)





いかがでしたか?健康について、お近くのクスリ屋さんに相談してみませんか?
こちらから、お近くの日専同のお店が探せます。

湧永製薬は「日専同(日本専門薬局同志会)」を応援しています!