あなたの元気を未来につなぐ WAKUNAGA

わくわく健康情報館

今月の健康情報 バックナンバー

強いかゆみが繰り返されるアトピー性皮膚炎。正しいケアのポイントは?
by Chiemi Suzuki (湧永製薬 学術部)


 現在、国民の3割が何らかのアレルギー性疾患に罹患しているといわれています。今回は特にアトピー性皮膚炎について、保湿ケアや食事のポイントなど、正しいケア方法をみていきましょう。


◆◇アトピー性皮膚炎とは◇◆


 アトピー性皮膚炎は、皮膚に強いかゆみを伴う湿疹ができ、「よくなったり悪くなったり」を繰り返す慢性の皮膚疾患です。子どもに多く見られ、思春期を過ぎると軽快する傾向にあります(下グラフ参照)。大人の患者も少なくありませんが、そのほとんどは、子どものころに発症し、症状が続いているか、一度おさまったものが再発したものであると考えられています。

症状:症状は多様で個人差があります。急性期の湿疹では、赤く腫れ、盛り上がりのある丘疹ができたり、じくじくしたり、皮がむけてかさぶたになったりします。湿疹が長く続くと、皮膚が厚くごわごわになる苔癬化(たいせんか)が起きたり、硬いしこりができたりします。
部位:顔、耳や首回り、わきの下、肘の内側や外側、太ももの付け根、膝の表側や裏側などに多く見られます。いずれの場合も、湿疹は体の左右に対称に現れます。
yuubyoushasuuatop2.jpg
参考:きょうの健康 2014.6


◆◇皮膚の状態◇◆

 健康な皮膚:皮膚の外側は、角質層で覆われています。健康な皮膚の角質層では、多くの細胞が層状に並び、皮膚を守る「バリア膜」を作っています。このバリア膜が、体内の水分が外に逃げるのを防ぎ、皮膚の潤いを保ちます。同時に様々な刺激物が皮膚の内部に侵入するのを防いでいます。
 アトピー性皮膚炎の皮膚:遺伝的な体質により、皮膚のバリア膜が乱れて皮膚が乾燥しやすい状態になっています。そのため、夏によくかく汗や春の花粉やほこり等、様々な刺激物が入りやすく、炎症が起こりやすくなっています。このように、バリア膜の働きが弱くなることにより、湿疹ができて強いかゆみが生じます。
kaiteibann%20hifunoyousu.jpg
参考:きょうの健康 2014.6



◆◇正しいケア方法とは◇◆

☆入浴のポイント
\亳瓦鬚茲泡だて、なでるように洗う。
炎症や傷がある部位も優しく洗う。
Hをこすらずタオルで押さえるように拭く。

☆保湿外用薬の塗り方のポイント
‘浴後は短時間で皮膚の水分が逃げてしまうので入浴後5分以内に塗る。
∩歓箸隆チ臧位にたっぷり塗る。
2寝鹽匹辰討發まわないので皮膚が乾燥してきたと感じたら塗る。

☆ステロイド外用薬の塗り方のポイント
(歇廠依冖瑤鯏匹辰晋紊謀匹襦
大人の人指し指の先から第1関節まで出し、手のひら2枚分に伸ばして、しわの方向と平行に塗る。

☆食事でのポイント
.▲肇圈疾皮膚炎の原因となる食べ物、食品添加物は避ける。
腸内環境を整える働きのある食物繊維や、乳酸菌を積極的に摂り、善玉菌を増やす。
9灰好肇譽杭醉僂里△襯咼織潺鵤叩皮膚の健康を保つビタミンB群を含む食品を積極的に摂る。
と乕罅粘膜を丈夫にする作用があるカルシウムを含む食品を摂る。

atopkaizenhou.jpg





いかがでしたか?健康について、お近くのクスリ屋さんに相談してみませんか?
こちらから、お近くの日専同のお店が探せます。

湧永製薬は「日専同(日本専門薬局同志会)」を応援しています!