あなたの元気を未来につなぐ WAKUNAGA

わくわく健康情報館

今月の健康情報 バックナンバー

脳梗塞のほとんどは動脈硬化が原因。予防のために気をつけることは?
by Kazuya Kira (湧永製薬 学術部)


 「脳梗塞」は脳血管疾患(脳卒中)の約3/4を占め、麻痺や失語などの後遺症が残る場合も少なくありません。高血圧、糖尿病、高コレステロール血症、喫煙など、動脈硬化と関連した要因は、脳梗塞予防のためにも注意が必要です。


◆◇脳梗塞のタイプ◇◆

 脳梗塞は、主に「アテローム血栓性脳梗塞」、「ラクナ梗塞」、「心原性脳塞栓症」の3つのタイプに分けられます。

「アテローム血栓性脳梗塞」は、動脈硬化により脳の太い動脈が詰まる病気で、脳梗塞のサイズは比較的大きくなります。症状も重くなる場合があり、運動麻痺、感覚障害、失語などの発作が起こりやすくなります。

「ラクナ梗塞」は、脳の深部にある細い動脈が詰まる病気で、脳障害の範囲が比較的小さい脳梗塞です。他のタイプの脳梗塞に比べて大きな発作は起こらず、運動麻痺やしびれなどの感覚障害が単独で現れるのが特徴です。

「心原性脳塞栓症」は、心臓でできたサイズの大きい血栓が血流に運ばれ、脳の太い動脈が詰まる病気です。広い範囲にわたって梗塞が起こり、急激な発作に見舞われます。死亡率が高く、一命をとりとめても重い後遺症が残る場合も少なくありません。心原性脳塞栓症の3分の2以上は「心房細動」が原因です。心房細動は、心房が細かく動く不整脈の一種で、血液がよどみ血栓ができやすくなります。

noukousokushurui.jpg
参考:脳梗塞の予防がよくわかる最新知識、日東書院

◆◇脳梗塞の危険因子◇◆

脳梗塞のほとんどは、動脈硬化が原因で起こります。

々盞谿機高血圧が長く続くと、心臓や血管への負荷が大きくなります。血圧が高い程脳卒中の発症率は上昇します。
糖尿病:高血糖は血管を傷つけ、動脈硬化を進行させます。糖尿病のある人は、脳梗塞の発症率が2〜3倍高くなります。
脂質異常症:血中LDLコレステロールが増えると血管壁に入り込み、動脈硬化が進行します。
た緩失抛亜心房細動は脳梗塞発症率を3〜5倍に上げます。
サ扮譟喫煙は脳梗塞の発症リスクを高めます。禁煙すると2〜3年で発症リスクが軽減することが分かっています。
Ε好肇譽后イライラしたり怒ったりすると交感神経が興奮し、血圧が上昇します。


◆◇脳梗塞の症状◇◆

こんな症状が起きたら、すぐ病院へ行きましょう。

 ̄親鮎祿(片麻痺):体の左右のどちらか一方の手や足が動かなくなる。
感覚障害:体の左右のどちらか一方の手や足などの感覚がなくなる。
4虧緬竅磧顔の表情が左右で異なったり、左右どちらか一方の顔面がひきつったり、片側の口や頬がゆがんだりする。
じ生貍祿押急にろれつが回らなくなる。話そうとしているのに言葉がでない。
セ詭郛祿押左右どちらかが半分見えない。



脳梗塞を予防する食事法

/べすぎを控え、適正体重をキープしましょう。

減塩食(1日6g)で血圧の改善をはかりましょう。

食べる順番を食物繊維→タンパク質→炭水化物にし、血糖値の急な上昇を抑えましょう。

て位硬化・脳梗塞を予防する栄養素(DHA、EPA、抗酸化ビタミン、葉酸、カリウム、マグネシウムなど)を摂りましょう。







いかがでしたか?健康について、お近くのクスリ屋さんに相談してみませんか?
こちらから、お近くの日専同のお店が探せます。

湧永製薬は「日専同(日本専門薬局同志会)」を応援しています!