あなたの元気を未来につなぐ WAKUNAGA

わくわく健康情報館

ホーム >  わくわく健康情報館 > サクセスフルエイジング
「しもやけ」の正式な病名は「凍瘡」。手や足、耳などの毛細血管の血液の循環が悪くなり生じる炎症のことで、寒い時期に発症して、暖かくなると治ります。

●どんな症状?
最初は、蚊にさされたような紅斑が出て、かゆみを伴います。これがひどくなると、ソーセージのように指全体が腫れ上がります。
冷えていた手足をストーブやお湯で急に温めると、しびれ感と一緒に、かなり強いかゆみに襲われます。

●どうしてかかるの?
寒い季節のうちでも、1日の気温の変動が10℃前後あると起こります。 冷えた状態の中で、手足の先などにある毛細血管が、収縮→拡張→うっ血し、血清や血球が血管から組織へ滲み出してきます。さらに、寒さのために血管が麻痺して、広がったまま収縮できない結果、血液がそこにたまって赤く腫れるのです。
 食料難の時代にはかかる人がたくさんいましたが、近年、栄養事情が良くなったことに伴い、かかる人が減っているとも言われています。

●予防のしかたは?
●冷たい水などに長時間つけておかないこと。
●風が冷たい日に外出するときは、手袋や帽子、耳 当てなどをつけること。
●バランスのよい食事を心がけること。

●治療のしかたは?
[自宅で]

  • ●かゆみのある部分を掻き崩さないこと。掻くことで組織液が広がり、患部を広げてしまうことになります。
  • ●冷たい手足をそのままストーブに近づけて、急に温めるとかゆみが強まってしまいます。ゆっくり温めましょう。
  • ●お風呂などで、ゆっくり時間をかけて温めてください。熱いお湯ですとかゆみが強くなりますので、40℃位のぬるめのお湯がベストです。
  • ●初期の段階なら、冷温交換浴も効果があります。
  • ●栄養の補給を心がけましょう。

[病院で]

  • ●ビタミンEの塗り薬や飲み薬が処方されます。
  • ●潰瘍面には、抗生物質の軟膏などが処方されます。

●しもやけの症状以外に、こんな症状があったら
膠原病の全身性エリテマトーデス(SLE)の場合も、しもやけと同じような症状が出ることがあります。もしも、しもやけの症状以外に、熱があったり、だるさがあったら注意が必要。 特に、若い女性や中年の女性に多いので、思い当たるときには、医師の診断を受けてください。

「あかぎれ」は、皮膚に亀裂ができた状態を指した言葉で、病名ではありません。
その状態になる病名としては、子どもの場合は「アトピー性皮膚炎」が一番多く、女性の場合は「進行性指掌角皮症」が多数です。この「進行性指掌角皮症」というのは、俗に「手湿疹」とか「主婦湿疹」と呼ばれます。
また、「乾燥性湿疹」や「異汗性湿疹」も同じように皮膚に亀裂を生じることがある皮膚病です。

●どんな症状?
毎日水仕事をする主婦に多いことから「主婦湿疹(手湿疹)」と呼ばれます。
大きく分けると「湿潤型」と「乾燥型」の2種類あります。「湿潤型」は、指の腹や手の平から小さな発疹や水ぶくれができるのが特徴。「乾燥型」は、皮膚がカサカサしてひび割れが起こります。
発疹や水ぶくれはかゆみがあり、ひび割れが起こると水に触れただけでも痛みがあります。

●どうしてできるの?
通常、皮膚には毛包と汗腺があり、毛包から分泌された皮脂と表皮細胞にある脂質、汗腺から分泌される汗が混ざって潤いを保っています。でも、手のひらには皮脂腺がないため、水やお湯、洗剤など使うと皮脂や角質が落ちてしまい、皮膚を保護する機能が弱まってしまうのです。
そのために、皮膚が過敏になり、刺激物も侵入しやすくなり、湿疹が起こったり、皮膚が裂けたりしてしまうわけです。
特に、子どもの頃アトピーだったという人は、主婦湿疹ができやすいと言われます。

●予防のしかたは?
(1)水仕事は、木綿の手袋をした上から、ゴム手袋をして行いましょう。
(2)水仕事中のお湯の温度を、体温よりやや低めに。
(3)食器は、少量の洗剤を入れたお湯につけ、脂汚れを浮かしてから洗いましょう。
(4)大皿に盛り付けたり、油物は避けたり、できるだけ水仕事を減らす工夫をしましょう。
(5)シャンプーや石けん類も低刺激性のものを。
(6)ハンドクリームをこまめに塗りましょう。
(7)寒い日は、手袋をして外出しましょう。

●どんな症状?
皮脂の分泌量が少ないことによって生じる症状で高齢者に多くみられます。下腿(ひざから足首までの部分)や前腕部を中心に、体全体の皮膚の乾燥して、かゆみが起こります。冬に出やすいのは、外気の乾燥が強いためです。

●どうしてできるの?
肌が乾燥してバリア機能が低下すると、かゆみの神経線維が伸びて過敏になり、かゆみを感じやすくなります。かゆみが強くなり引っ掻き始めると、赤みや掻き傷が湿疹化し、ますますかゆくなっていきます。 かゆみが少ない初期状態なら「乾皮症」ですが、掻き始めて炎症が出たら「乾燥性湿疹」と診断されます。

●予防のしかたは?
●洗いすぎないこと。
●お風呂上りの3〜5分以内は、角質に水分がたまっています。その間に保湿をすることで、水分を皮膚に閉じ込めることができます。
●加湿器などで、部屋を乾燥させないようにすること。

●どんな症状?
手や足に水疱ができて、かゆみを伴います。

●どうしてできるの?
手にかく汗が、通常以上に多く出た場合、汗が表面に出ずに汗管に溜まって、表皮が膨らみ水疱となります。そのため、「汗疱」とも言われます。
手足の発汗が多くなる理由は、精神的な部分が大きく、更年期の場合にも症状が出ることがあります。

●予防のしかたは?
汗を止めることは難しいのですが、ストレス性の場合が多いので、ストレスの軽減や気分を変える工夫をするとよいでしょう。
湿疹が出てしまったら、かゆくてもかかないことです。かくと水疱がつぶれて、湿疹が広範囲にひろがることになります。

川端 康浩 先生 監修 川端 康浩 先生

川端皮膚科クリニック院長。佐賀医科大学卒業後、東京大学医学部付属病院、同分院、虎の門病院、NTT東日本関東病院を経て開業。98年から東京大学医学部講師。日本皮膚科学会専門医、代議員。日本臨床皮膚科医会常任理事。

本ページの記事は湧永製薬発行情報誌“大元気 冬号”に好評掲載中です。

バックナンバー
膝の痛みの予防と対策
骨粗鬆症の予防と対策
体を温める食材と食べ方を身につけよう
おいしく食べて体を温めよう
体を温めて美容と健康を手に入れよう
『冷え』からおこるやせない体の仕組み
燃やしてやせるコツ教えます!
食べて燃やすコツ教えます!
食べて守るコツ教えます!
食べてやせるコツ教えます!
歯の健康は、全身の健康!
寒くなったら注意したい しもやけ・あかぎれ
OTC医薬品の正しい飲み方、使い方
もう悩まない!尿もれ
花粉症をふきとばせ!
急性膵炎と慢性膵炎
太りやすい、痩せにくいが遺伝子でわかるってホント!?
尿酸値が高い状態が長年続くこと。これが「痛風」になる条件です。
うつ病は「心の風邪」?いえいえ、「心の骨折」です。
基礎代謝をアップして脂肪にさよなら!
実践したい「腰痛の悩み」改善&予防法!
「夏・肌のトラブルこれで解決!」