あなたの元気を未来につなぐ WAKUNAGA

わくわく健康情報館

ホーム >  わくわく健康情報館 > 食卓の健康

大山のぶ代の毎日のおかず

しじみ鍋

大山のぶ代

大山のぶ代

大山のぶ代(おおやま のぶよ)
1936年東京生まれ。56年に女優デビューしその後、79年~2005年までアニメ「ドラえもん」の声を担当する。料理研究家、水の研究家として著書多数。

近ごろの鍋料理は、いろいろな材料をつかい、さまざまな味つけで食べることが多くなりました。今回紹介するしじみ鍋は、特別な味つけをしなくても、しじみから出るだしで十分おいしく食べられます。年末年始は何かと胃腸が疲れる時期。しじみパワーで家族みんな元気に過ごしましょう。

大山のぶ代の毎日のおかず「そら豆とえびの炒めもの」

毎日のおかず<しみじみ鍋>

【材料】(4人分)
しじみ 500g
長ねぎ 2本
大根 15センチ
ポン酢しょうゆ
 
●鶏団子の材料
鶏ひき肉 300g
食パン(8枚切り) 1枚
卵 1個
塩 少々

【作り方】

  • ① しじみは殻と殻とをこすり合わせて洗い、水気をきります。
  • ② 鶏団子生地を作ります。食パンは耳を切り落として水に浸し、柔らかくなったら水気を絞って細かくほぐします。ボールに他の材料とともに入れ、粘り気が出るまで充分に練り混ぜ、大皿に移します。
  • ③ 長ねぎは斜め薄切り、大根は5センチ長さの太めのせん切りにし、大皿にいっしょに盛ります。
  • ④ 土鍋か大鍋にしじみを敷き、水を鍋の八分目くらいまで注ぎ、火にかけます。
  • ⑤ しじみの殻が開いて湯が白く濁ってきたらアクを取り、鶏団子生地と野菜を一度に食べる量ずつ入れます。鶏団子生地は、スプーンでひと口大にして入れます。
  • ⑥ アクをすくいながら火を通し、ポン酢しょうゆでいただきます。
    ★ポン酢しょうゆは、柑橘類の絞り汁としょうゆを同量で合わせます。
ポイント
  • ◆ しじみのおいしいだし汁を味わうために味付けは薄めにしましょう

長芋のまめ知識

» レシピを印刷する

本ページの記事は湧永製薬発行情報誌“大元気 冬号”に好評掲載中です。
次回「春号」をお楽しみに

バックナンバー
食卓の健康 2017年夏 「とうふ白玉」
食卓の健康 2017年春 「ビスケットレアチーズ」
食卓の健康 2016年冬 「厚揚げチリソース」
食卓の健康 2016年秋 「きのこマーボー」
食卓の健康 2016年夏 「トマトの冷たいパスタ」
食卓の健康 2016年春 「菜の花とささみののりマヨあえ」
食卓の健康 2015年冬 「ブロッコリーとかきのオイスター炒め」
食卓の健康 2015年秋 「さけの南蛮漬け」
食卓の健康 2015年夏 「まぐろのづけ丼」
食卓の健康 2015年春 「とろろこんぶの卵焼き」
食卓の健康 2014年冬 「しじみ鍋」
食卓の健康 2014年秋 「長いもの甘酢鶏そぼろかけ」
食卓の健康 2014年夏 「そら豆とえびの炒めもの」
食卓の健康 2014年春 「菜の花といかの酢のもの」
食卓の健康 2013年冬 「豚汁カレー」
食卓の健康 2013年秋 「鮭とレンコンのハンバーグ」
食卓の健康 2013年夏 「ジュレそば」
食卓の健康 2013年春 「お麩と野菜のナムル」
食卓の健康 2012年冬 「薬念味噌で作る味噌チゲ」
食卓の健康 2012年秋 「豚ロースの塩麹漬け焼き」
食卓の健康 2012年夏 「和風カルパッチョ」
食卓の健康 2012年春 「ちらし寿司」
食卓の健康 2011年冬 「炒り鶏」
食卓の健康 2011年秋 「揚げ焼き団子の和風あんかけ」
食卓の健康 2011年夏 「夏野菜の彩り炒め」
食卓の健康 2011年春 「春のふわとろ卵とじ」
食卓の健康 2010年冬 「冬野菜のお手軽蒸し鍋」
食卓の健康 2010年秋 「鯖とカブのサラダ」
食卓の健康 2010年夏 「アスパラガス 春巻きの皮包み」
食卓の健康 2010年春 「筍のフリット 海老を詰めて…」
食卓の健康 2009年冬 「ニラのスープ ニラのガレットと共に」
食卓の健康 2009年秋 「きのこの玉とじ丼 黒酢あんかけ」
食卓の健康 2009年夏 「オクラと長イモのすり流し」
食卓の健康 2009年春 「春キャベツのロール煮」
食卓の健康 2008年冬 「豆乳鍋」