あなたの元気を未来につなぐ WAKUNAGA

わくわく健康情報館

ホーム >  わくわく健康情報館 > 食卓の健康

60歳から食べたい健康スイーツレシピ

中高年になると栄養のバランスを考えて食べることが大切です。そこでおすすめなのが、おやつでエネルギーを補う方法です。おやつは三度の食事で足りない栄養を補う効果があります。おやつ作りは分量をしっかり守れば、誰でも手軽に作ることができます。

60歳から食べたい健康いきいきレシピ「とうふ白玉」

材料

(2人分)

  • 白玉粉
    50g
  • とうふ(絹)
    60g
  • フルーツ缶詰(好みのもの)
    小1缶(180g)

作り方

  • ①:ボールに白玉粉ととうふを入れる。両方を混ぜて、なじませてから手でこねる。耳たぶくらいのかたさにする(かためなら、水かとうふを少し足す)。
  • ②:生地を棒状にしてから12個に分け、丸めてだんご状にする。少しつぶして平たくし、中央をへこませる。
  • ③:鍋に湯を沸かし、②を入れる。浮いてきてからさらに2〜3分ゆで、すくって水にとる。
  • ④:器に缶詰のフルーツと白玉、缶汁を入れて盛りつける。

ポイント

水の代わりにとうふを使って白玉粉を溶きます。

[ イソフラボンの栄養効果 ]

大豆製品のとうふはイソフラボンを多く含んでいます。イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするので、骨からカルシウムが流出することを防ぎ、骨粗しょう症の予防や、更年期障害の症状を和らげる効果があると言われています。また、生活習慣病や老化の原因となる活性酸素の働きを抑える抗酸化作用もあります。とうふはイソフラボン以外にもタンパク質やカルシウム等を含み、大豆のままでは消化・吸収されにくい栄養成分も吸収されやすくなります。

» レシピを印刷する

レシピ提供:ベターホームのお料理教室

本ページの記事は湧永製薬発行情報誌“大元気 夏号”に好評掲載中です。

バックナンバー
食卓の健康 2017年春 「ビスケットレアチーズ」
食卓の健康 2016年冬 「厚揚げチリソース」
食卓の健康 2016年秋 「きのこマーボー」
食卓の健康 2016年夏 「トマトの冷たいパスタ」
食卓の健康 2016年春 「菜の花とささみののりマヨあえ」
食卓の健康 2015年冬 「ブロッコリーとかきのオイスター炒め」
食卓の健康 2015年秋 「さけの南蛮漬け」
食卓の健康 2015年夏 「まぐろのづけ丼」
食卓の健康 2015年春 「とろろこんぶの卵焼き」
食卓の健康 2014年冬 「しじみ鍋」
食卓の健康 2014年秋 「長いもの甘酢鶏そぼろかけ」
食卓の健康 2014年夏 「そら豆とえびの炒めもの」
食卓の健康 2014年春 「菜の花といかの酢のもの」
食卓の健康 2013年冬 「豚汁カレー」
食卓の健康 2013年秋 「鮭とレンコンのハンバーグ」
食卓の健康 2013年夏 「ジュレそば」
食卓の健康 2013年春 「お麩と野菜のナムル」
食卓の健康 2012年冬 「薬念味噌で作る味噌チゲ」
食卓の健康 2012年秋 「豚ロースの塩麹漬け焼き」
食卓の健康 2012年夏 「和風カルパッチョ」
食卓の健康 2012年春 「ちらし寿司」
食卓の健康 2011年冬 「炒り鶏」
食卓の健康 2011年秋 「揚げ焼き団子の和風あんかけ」
食卓の健康 2011年夏 「夏野菜の彩り炒め」
食卓の健康 2011年春 「春のふわとろ卵とじ」
食卓の健康 2010年冬 「冬野菜のお手軽蒸し鍋」
食卓の健康 2010年秋 「鯖とカブのサラダ」
食卓の健康 2010年夏 「アスパラガス 春巻きの皮包み」
食卓の健康 2010年春 「筍のフリット 海老を詰めて…」
食卓の健康 2009年冬 「ニラのスープ ニラのガレットと共に」
食卓の健康 2009年秋 「きのこの玉とじ丼 黒酢あんかけ」
食卓の健康 2009年夏 「オクラと長イモのすり流し」
食卓の健康 2009年春 「春キャベツのロール煮」
食卓の健康 2008年冬 「豆乳鍋」