あなたの元気を未来につなぐ WAKUNAGA

わくわく健康情報館

ホーム >  わくわく健康情報館 > 教えてドクター
教えてドクター!「お答えします!いきいき生活」骨粗鬆症の予防と対策
骨粗鬆症になりやすい体質はありますか?

骨粗鬆症の予防と対策一般的に骨粗鬆症は女性に多いといわれています。骨の強さは20代が一番強く、その後加齢とともに骨密度は減少します。特に女性は、ホルモンバランスの関係で男性より約3倍多くカルシウムが必要といわれていますが、閉経後は骨をつくる女性ホルモンが減少することで、骨密度が加速度的に落ちていくことがわかっています。それ以外にも運動不足、カルシウムの吸収を妨げる過度の飲酒や喫煙、ホルモンバランスを崩す偏食やダイエットも骨を弱くする要因です。加齢とともに骨が弱り、筋肉が落ちてきても、生活習慣を改善することによって、減少のカーブを緩やかにすることができます。できるだけ若い時から骨を弱くする要因を減らすことが大切です。


日頃何に気をつければ、骨粗鬆症になりづらいですか?

高齢になってからも十分な骨密度を保つためには、適度な運動と食事が一番大切です。骨粗鬆症はサイレント・ディジーズ(静かな病気)といわれ、静かに進行していきます。私たちは普段の生活の中で、骨密度がどうなっているのかを知ることはできません。そのため、骨折など骨のけがをして、初めて自分の骨の状態がどうなっているのかを知ることになります。加齢により誰でも骨は弱くなっていきますが、たとえば40〜50代から軽い運動を始めている人は、やっていない人に比べると骨密度が落ちていく速度が遅くなり、結果的に「骨粗鬆症」になりにくくなります。実際に60歳から軽い運動を始め、70代にマラソンを始めた方もいます。ウォーキングはもちろん、ゲートボール、水泳など出来ることから始めてみましょう。気分が変わり、生活をいきいきとさせる効果、つまり生活機能を高めます。
食事は、好き嫌いせずに低カロリーでバランスの良い食事をすることに尽きます。現代はカロリー計算した食事や塩分を控えた食事など、目的別に多種多様な食事を選べます。日本人は欧米人に比べて、乳製品の摂取量が少ないのも遠因かもしれませんので、いつもの食事にチーズや牛乳を積極的に取り入れるのも効果的だと思います。たまに食べ過ぎても、普段運動をしていれば、それほど気にすることはありません。
 生活習慣や食生活などを改善することで、骨粗鬆症の進行を遅らせることはできます。まずはできることから、長く続けることを考えてみてください。骨粗鬆症の予防と対策

60歳を過ぎても骨を丈夫にすることはできますか?

骨粗鬆症の予防と対策実は骨はあまり年齢に関係なく鍛えることができます。意外と思われるかもしれませんが、鍛えれば骨は丈夫になっていきます。私は患者さんに「水平思考」ではなく、「垂直思考」でいましょうといっています。「水平思考」とはベッドで横になっていること、「垂直思考」とは直立していること、健康で歩くという意味です。
歩くことは、体のいろいろな場所の骨に負荷をかけます。負荷がかかると、骨はもっとがんばろうと丈夫になるんです。逆を考えると、ベッドに寝たきりになってしまうと、あっという間に体が衰弱していくことがわかると思います。
骨を丈夫にするために、わざわざお金をかける必要はありません。まずは3か月と期間を決めて、1週間に3〜4日、天気のよい日に1時間程度ウォーキングをしてみましょう。そうすると、天気が悪く歩けない日は「歩きたいな」と思ってくるわけです。そうなればもう大丈夫。「次は何をしよう」と運動に対する欲が出てきます。できれば痛みが出る前から始めることが理想的ですね。骨も丈夫になり、代になってもいきいきと過ごせます。「自分の体は自分で守る」と意識改革をしていけば、必ず結果はついてきます。

石井直方先生

監修 石井直方先生(いしい なおかた)先生日本整形外科学会整形外科専門医
日本体育協会公認スポーツドクター
全日本病院協会常任理事
広島県病院協会常任理事
徳島大学医学部臨床教授
広島県ハンドボール協会会長

本ページの記事は湧永製薬発行情報誌“大元気 夏号”に好評掲載中です。

バックナンバー
教えてドクター「老人性うつ
教えてドクター「後鼻漏」
教えてドクター「認知症」
教えてドクター「歯肉炎」
教えてドクター「ゴースト血管」
教えてドクター「冷え」
教えてドクター「歯肉炎」
教えてドクター「痛風」
教えてドクター「ドライマウス」
教えてドクター「血管の老化」
教えてドクター「加齢性難聴」
教えてドクター「統合失調症」
教えてドクター「腰痛」
教えてドクター「便秘」
教えてドクター「老人性 うつ病」
教えてドクター「加齢臭の悩み」
教えてドクター「糖尿病の悩み」
教えてドクター「歯周病の悩み」
教えてドクター「不眠症の悩み」
教えてドクター「認知症の悩み」
教えてドクター「歯周病の悩み」
教えてドクター「座骨神経痛の悩み」
教えてドクター「夏バテの悩み」
教えてドクター「皮膚のかゆみの悩み」
教えてドクター「紫外線の悩み」
教えてドクター「中高年の胃腸の悩み」
教えてドクター「中高年の骨の悩み」
教えてドクター「高年の腸の悩み」
教えてドクター「中高年の目の悩み」
教えてドクター「肝臓の病気予防と対策」
教えてドクター「膝の痛みの予防と対策」
教えてドクター「骨粗鬆症の予防と対策」
体を温める食材と食べ方を身につけよう
おいしく食べて体を温めよう
体を温めて美容と健康を手に入れよう
『冷え』からおこるやせない体の仕組み
燃やしてやせるコツ教えます!
食べて燃やすコツ教えます!
食べて守るコツ教えます!
食べてやせるコツ教えます!
歯の健康は、全身の健康!
寒くなったら注意したい しもやけ・あかぎれ
OTC医薬品の正しい飲み方、使い方
もう悩まない!尿もれ
花粉症をふきとばせ!
急性膵炎と慢性膵炎
太りやすい、痩せにくいが遺伝子でわかるってホント!?
尿酸値が高い状態が長年続くこと。これが「痛風」になる条件です。
うつ病は「心の風邪」?いえいえ、「心の骨折」です。
基礎代謝をアップして脂肪にさよなら!
実践したい「腰痛の悩み」改善&予防法!
「夏・肌のトラブルこれで解決!」