あなたの元気を未来につなぐ WAKUNAGA

わくわく健康情報館

ホーム >  わくわく健康情報館 > 教えてドクター
教えてドクター!「お答えします!いきいき生活」膝の痛みの予防と対策
膝の痛みはどうして起こるのでしょうか?

膝の痛みの予防と対策膝の痛みの大きな原因のひとつは老化、加齢によるものです。中高年になると、膝を支える周辺の筋肉が衰えるため、膝の一部に負担がかかり、骨同士がぶつからないようにクッションの役割をはたしている軟骨がすり減り、摩擦をおこします。これが膝の痛みとなるのです。また骨の新陳代謝も低下しているので、一度痛みを起こすと、なかなか元に戻りづらいのです。
もう一つ、大きな原因と考えられているのは、運動不足による体重の増加です。私は肥満症の人に膝の痛みが多いと思います。通常、体重が1キロ増えると、歩く場合は平地で3〜4倍、階段の昇降で6〜7倍の負荷が膝にかかると言われています。つまり、体重が3キロ増えると、歩く場合は約9キロ、階段の昇降では18キロの重さが余分に膝に加わっているのです。人によっては漬物石を抱えて歩いているのと一緒です。これでは膝が泣いてしまいますよね。膝の痛みは生活習慣の乱れから起こる場合も多いので、なるべく早い段階で予防することが大切です。


日頃何に気をつければ、膝痛になりづらいですか?

膝の痛みの予防と対策まずは肥満にならないバランスのとれた体型づくりで食事と運動を見直すことです。痛みが出てから運動をするのは、なかなか難しいことです。無理して運動をすれば、逆に症状を悪化させてしまう場合もあります。中高年になったら、できれば健康なときから、予防的な意味も含めて、ウォーキングやジョギング、水泳などを行ってほしいと思います。また、日常生活の中ではエレベーターを使わずに階段を利用するとか、交通機関を利用せずに歩くようにするとか、継続的な心掛けが必要だと思います。膝痛の予防だけでなく、運動不足解消、メタボリックシンドローム解消、健康管理なども含めると一石二鳥以上の効果が期待できます。
あとは食事ですね。年齢を重ねると、当然のことながら運動量も減ってきます。つまり消費カロリーも減ってくるということです。若い頃は食べても太らなかったのに、40歳を過ぎた頃から太り出したというのは、摂取カロリーと消費カロリーのバランスが崩れることから起こります。
  まずは自分の適正体重を知り、そこから体重をオーバーさせないことを目標にしてください。食べ過ぎを防ぐ方法としては、ゆっくりとよくかんで食べる、夕食は少なめにする、揚げ物より煮物にするなどがあります。同時に骨を強くすることも重要なので、毎日30分程度は日光にあたって、カルシウムの吸収を促すことも大切です。
これらのことは急に始めても効果がでるには時間がかかります。予防的な意味を含めて毎日の日課にすると同時に、自分の体のためにも意識して行うことが必要です。

痛くなってしまった場合の治療方法を教えてください。

膝の痛みの予防と対策まず整形外科専門医の診断を受けて関節の痛みを和らげる治療を行います。初期治療としては理学療法や運動療法などを行い、痛みが強い場合はヒアルロン酸の関節注射や消炎鎮痛剤などを使用することもあります。それでも症状が改善しない場合は、精密検査の上、手術的治療(人工関節置換術や鏡視下手術など)になります。人工関節は、個人差はありますが、寿命は10〜20年と言われています。
そうならないためにも、日頃から運動し、バランスよく関節を支えている筋肉、とくに大腿四頭筋を鍛えておくことです。ストレッチなども効果的ですが、痛みがある場合は水中ウォーキングがおすすめです。浮力の力で、膝には体重の4割程度の重さしかかからないので、負担が少ない割には効果が期待できる運動のひとつです。
病院は病気になってから行くところと考えている人も多いですが、骨や関節の状態は目に見えないので痛くなってからでは遅いという場合もあります。自分の体の状態を知るためにも相談できるホームドクターをもち、定期的に検診を受けることも効果的な方法だと思います。

石井直方先生

監修 石井直方先生(いしい なおかた)先生日本整形外科学会整形外科専門医
日本体育協会公認スポーツドクター
全日本病院協会常任理事
広島県病院協会常任理事
徳島大学医学部臨床教授
広島県ハンドボール協会会長

本ページの記事は湧永製薬発行情報誌“大元気 秋号”に好評掲載中です。

バックナンバー
教えてドクター「老人性うつ
教えてドクター「後鼻漏」
教えてドクター「認知症」
教えてドクター「歯肉炎」
教えてドクター「ゴースト血管」
教えてドクター「冷え」
教えてドクター「歯肉炎」
教えてドクター「痛風」
教えてドクター「ドライマウス」
教えてドクター「血管の老化」
教えてドクター「加齢性難聴」
教えてドクター「統合失調症」
教えてドクター「腰痛」
教えてドクター「便秘」
教えてドクター「老人性 うつ病」
教えてドクター「加齢臭の悩み」
教えてドクター「糖尿病の悩み」
教えてドクター「歯周病の悩み」
教えてドクター「不眠症の悩み」
教えてドクター「認知症の悩み」
教えてドクター「歯周病の悩み」
教えてドクター「座骨神経痛の悩み」
教えてドクター「夏バテの悩み」
教えてドクター「皮膚のかゆみの悩み」
教えてドクター「紫外線の悩み」
教えてドクター「中高年の胃腸の悩み」
教えてドクター「中高年の骨の悩み」
教えてドクター「高年の腸の悩み」
教えてドクター「中高年の目の悩み」
教えてドクター「肝臓の病気予防と対策」
教えてドクター「膝の痛みの予防と対策」
教えてドクター「骨粗鬆症の予防と対策」
体を温める食材と食べ方を身につけよう
おいしく食べて体を温めよう
体を温めて美容と健康を手に入れよう
『冷え』からおこるやせない体の仕組み
燃やしてやせるコツ教えます!
食べて燃やすコツ教えます!
食べて守るコツ教えます!
食べてやせるコツ教えます!
歯の健康は、全身の健康!
寒くなったら注意したい しもやけ・あかぎれ
OTC医薬品の正しい飲み方、使い方
もう悩まない!尿もれ
花粉症をふきとばせ!
急性膵炎と慢性膵炎
太りやすい、痩せにくいが遺伝子でわかるってホント!?
尿酸値が高い状態が長年続くこと。これが「痛風」になる条件です。
うつ病は「心の風邪」?いえいえ、「心の骨折」です。
基礎代謝をアップして脂肪にさよなら!
実践したい「腰痛の悩み」改善&予防法!
「夏・肌のトラブルこれで解決!」