あなたの元気を未来につなぐ WAKUNAGA

わくわく健康情報館

ホーム >  わくわく健康情報館 > 教えてドクター
大元気流「腸」を大切に!中高年の腸の悩み
腸の働きと構造について教えてください。

大腸の構造 腸は大きく小腸と大腸に分けられます。小腸は、十二指腸、空腸、回腸に分けて呼ばれ、主に栄養素の吸収を行っています。大腸は、盲腸、結腸(上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸)、直腸に区分され、水分の吸収と排せつ物の貯蔵を行っています。それ以外にも、腸は異物やウィルスなどから体を守るために免疫機能を働かせるなど、私たちの健康を守るために大きな役割を果たしています。
 「腸は第二の脳」とも呼ばれていますが、実は脳に中枢神経系があるのと同じように、腸にも「腸神経系」を備えています。この2つの神経は、お互いに影響を与えながら働いています。しかし、腸神経系が単独で働くこともあり、これは腸が独自の自律神経を持っていることを意味しています。これが「腸は第二の脳」といわれる理由です。
 腸内環境が悪化すると、この働きが上手に機能しなくなるため、脳の働きに影響を与えます。脳がストレスを感じた場合も、腸は影響を受け、下痢や便秘を引き起こします。腸が健康であることが、実は全身の健康を保つためにも重要なことなのです。

腸内環境の状態を知るためには、どうしたらいいでしょうか?

腸内環境チェックリスト 腸内環境そのものは目で見ることはできませんが、排便をチェックすることで腸の状態を知ることができます。理想的な便は、下痢でも便秘でもない黄褐色の便が一日一回出ることです。
 腸内には100兆個ともいわれる無数の腸内細菌が存在します。全員が同じ菌を持っているわけではないので、個人で腸内環境は違いますが、大きく分けるとビフィズス菌に代表される「善玉菌」、ウェルシュ菌などの「悪玉菌」、食べ物や体調によってどちらにも傾く「日和見菌」の3種類になります。健康な腸内は、善玉菌が多く酸性ですが、悪玉菌が増えると腸内はアルカリ性になり、日和見菌も悪玉菌に傾きます。そのような状態になると、腸内の腐敗が進み、便秘や下痢、肌荒れなど、さまざまな不快な症状が現れます。善玉菌が優勢の場合は、腸内細菌によって腸内が発酵された状態(酸性)になり、悪玉菌の繁殖を抑え、私たちに有益な物質を生成し、免疫力を高めてくれます。まずは、右上のチェックリストで自分の腸内環境を知り、食べ物や生活習慣などを見直すことから始めましょう。

腸内環境を整えるための生活習慣とは?

腸内細菌と健康とのかかわり 善玉菌を保ち、悪玉菌を増やさないためには、善玉菌を増やす食事を取ることが大切です。なかでも乳酸菌製品は善玉菌を増やす特効薬です。それ以外では、豆製品やごぼう、アスパラガスなどオリゴ糖を含む食品、さつまいもやオクラなど水溶性の食物繊維を多く含む食品も善玉菌のエサになります。さらに、腸内環境を整えるためには、ウォーキングなどの適度な運動も重要ですし、反対にストレスや過度の飲酒は悪玉菌の増殖につながります。
 乳児の腸内細菌は、ほとんどがビフィズス菌ですが、食事を始めることで大人と同じような腸内環境になり、その後、加齢とともに悪玉菌が増えてきます。基礎代謝量も徐々に減少していくなかで、若いころと同じような肉中心の食事をしていては、悪玉菌のエサを増やしているのと同じことです。年齢に応じて食事の内容を変えることも大切です。
 同時に過激なダイエットで大幅にカロリーを制限すると、便となる食物繊維の量も減るので便秘になりやすくなります。ダイエットを行う場合は、野菜や果物、食物繊維をバランスよく取り、腸内環境を整えることを忘れないでください。

気をつけたい腸の病気について教えてください。

内視鏡検査と同時にポリープ切除  近年、女性のガン死亡率のトップは大腸ガンです。その理由は、食生活の欧米化、社会進出による生活習慣の変化、慢性的な便秘を抱えている人が多いので腸内が腐敗しやすい、定期検診を受ける機会が少ないことなどがあげられます。
 大腸ガンは早期に発見して治療すれば、治る確率が高いガンです。しかし、初期は自覚症状があまりなく、中高年になると加齢とともに便秘や下痢などになることが多くなるため、不調を深刻にとらえずに、そのまま放置しておくケースが見られます。そうするとガンは進行し、手遅れになることも多いのです。そうならないためには定期検診が重要です。40歳を過ぎたら2年に1度は内視鏡検査を行うのが理想ですが、最低でも5年に1度は自分の腸の状態を把握しましょう。大腸ガンのリスクをぐっと減らすことができます。また、ポリープができやすい体質なのか、そうでないのか、今後の経過を見る判断材料になります。内視鏡検査ではポリープを切除することも可能なので、検査と治療を同時に受けられるメリットがあります。また、検査直後は腸内が洗浄されて悪玉菌が少なくなり、善玉菌を増やすいい環境になるので、検査後2週間くらいはビフィズス菌が入ったヨーグルトなどを、毎日食べると効果的です。
 腸の健康は、全身の健康につながりますので、腸をきれいにするために、できることから始めてみてください。

後藤 利夫先生

後藤 利夫(ごとう としお)先生




本ページの記事は湧永製薬発行情報誌“大元気 夏号”に好評掲載中です。

バックナンバー
教えてドクター「老人性うつ
教えてドクター「後鼻漏」
教えてドクター「認知症」
教えてドクター「歯肉炎」
教えてドクター「ゴースト血管」
教えてドクター「冷え」
教えてドクター「歯肉炎」
教えてドクター「痛風」
教えてドクター「ドライマウス」
教えてドクター「血管の老化」
教えてドクター「加齢性難聴」
教えてドクター「統合失調症」
教えてドクター「腰痛」
教えてドクター「便秘」
教えてドクター「老人性 うつ病」
教えてドクター「加齢臭の悩み」
教えてドクター「糖尿病の悩み」
教えてドクター「歯周病の悩み」
教えてドクター「不眠症の悩み」
教えてドクター「認知症の悩み」
教えてドクター「歯周病の悩み」
教えてドクター「座骨神経痛の悩み」
教えてドクター「夏バテの悩み」
教えてドクター「皮膚のかゆみの悩み」
教えてドクター「紫外線の悩み」
教えてドクター「中高年の胃腸の悩み」
教えてドクター「中高年の骨の悩み」
教えてドクター「高年の腸の悩み」
教えてドクター「中高年の目の悩み」
教えてドクター「肝臓の病気予防と対策」
教えてドクター「膝の痛みの予防と対策」
教えてドクター「骨粗鬆症の予防と対策」
体を温める食材と食べ方を身につけよう
おいしく食べて体を温めよう
体を温めて美容と健康を手に入れよう
『冷え』からおこるやせない体の仕組み
燃やしてやせるコツ教えます!
食べて燃やすコツ教えます!
食べて守るコツ教えます!
食べてやせるコツ教えます!
歯の健康は、全身の健康!
寒くなったら注意したい しもやけ・あかぎれ
OTC医薬品の正しい飲み方、使い方
もう悩まない!尿もれ
花粉症をふきとばせ!
急性膵炎と慢性膵炎
太りやすい、痩せにくいが遺伝子でわかるってホント!?
尿酸値が高い状態が長年続くこと。これが「痛風」になる条件です。
うつ病は「心の風邪」?いえいえ、「心の骨折」です。
基礎代謝をアップして脂肪にさよなら!
実践したい「腰痛の悩み」改善&予防法!
「夏・肌のトラブルこれで解決!」