あなたの元気を未来につなぐ WAKUNAGA

わくわく健康情報館

ホーム >  わくわく健康情報館 > 教えてドクター
大元気流「紫外線」に要注意!紫外線の悩み
「紫外線」の種類を教えて下さい。

紫外線の種類 紫外線には「UV−A」「UV−B」「UV−C」の3種類の波長があります。C波は殺菌灯などにも使用されていて、身体への毒性が強いのですが波長が短いため、地上には届きません。中間波長のB波は日焼けを起こす原因で表皮まで届きますが、雲やガラスを通り抜けないため、曇りの日や室内にいるときはB波の影響を受けることはほとんどありません。最も波長の長いA波は室内まで届き、表皮だけでなく肌の奥深く真皮まで到達します。A波の影響はシワやたるみなど皮膚の老化に一番関係が深いと言われています。

紫外線による「光老化」とはどのようなものですか?

皮膚の構造 通常、皮膚も年をとるにつれて老化していきますが、紫外線を浴びる機会の多い手や顔などは浴びていない部分よりもシワやシミが多く、紫外線を長時間浴びることにより進行する老化を「光老化」と呼びます。「光老化」のプロセスは2つあり、ひとつは紫外線に当たることで活性酸素が出て細胞に傷を与えて壊す場合。もうひとつは、紫外線により細胞が直接ダメージを受けてしまい、修復を繰り返すうちに起こるダメージです。
 本来、私たちの体には紫外線に対抗する機能「メラニン」が備わっています。「メラニン」は紫外線を浴びることで増えて、フィルターの役割を果たしてくれます。増えた「メラニン」は、肌のターンオーバーにより角質細胞と一緒にはがれおちて肌の色も元に戻ります。しかし長い期間大量の紫外線を浴びてしまうと、細胞に傷をつけてしまうので、「メラニン」が上手に機能しなくなります。その結果、肌に「メラニン」の色素が残り「シミ」の原因となるのです。
 また、中高年になると気になるシワですが、これには皮膚のハリを保つために肌の奥深く真皮にあるコラーゲンが大きく関係しています。コラーゲンは全部で19種類あり、皮膚だけでなく骨や軟骨にも存在しています。皮膚では真皮にコラーゲン線維が存在し、肌のハリと弾力を保っています。しかし、紫外線を浴び続けることで活性酸素が発生し、コラーゲン線維にもダメージを与えます。この結果弾力が失われ、シワやたるみになって現れるのです。

肌の老化を防ぐための方法を教えてください。

 「光老化」による肌の老化を防ぐ一番の方法は、日焼けしないことです。もっとも手軽な方法は、日焼け止めを塗ること。「冬は日焼けしない」と思って無防備な状態で外出される方もいますが、曇っていても室内にいても日焼けはします。冬場はそんなに屋外に出ないという方も、肌への負担が少ないSPF値の低い日焼け止めを利用するといいでしょう。意外と忘れてしまいがちな耳や首回り、手も塗るように心がけましょう。ただし、日焼け止めは肌が乾燥しやすくなるので、たっぷりと保湿をするようにしてください。特に夏場は汗で日焼け止めの効果が薄れますので、こまめに塗りなおすことも重要です。日焼け止めが肌に合わない方は、帽子や日傘を有効活用してください。
 また、紫外線によって発生する活性酸素を除去するのも効果的です。活性酸素をブロックする抗酸化作用を含むビタミンAやC、E、βカロチンを含む食材をバランスよく食べることも大切なポイントです。

日焼け止めの選び方

日焼けしてしまった場合のケアについて教えてください。

 紫外線対策をして紫外線量を減らすことは可能ですが、浴びてしまった場合はアフターケアが大切になります。人により肌のダメージ度合いは異なりますが、日焼けした場合は「冷やす」「保湿する」「ビタミンを摂取する」を行いましょう。
 日焼けをすると肌はほてった状態になるので、まずは濡れたタオルなどで冷やします。次に失われた水分を補うためにローションやクリームでたっぷりと保湿します。最後はシミなどを残さないようにするために、活性酸素を除去するビタミンCなどを積極的にとってください。ただし、ビタミンCは水溶性なのでサプリメントなどを上手に活用するといいでしょう。
 紫外線に当たらないと骨が弱くなると思う方もいますが、カルシウムの吸収を促すビタミンDは、日常生活のなかで浴びる紫外線で充分摂取できています。今は食生活も充実しているので、ビタミンDの不足を気にする必要はありません。
 紫外線はしっかりと対策方法を身につければ、決して悪いことばかりではありません。私たちの体は太陽にあたることで体内時計が正確に働き、健康的に生活できます。天気のよい日の散歩などは気分転換にもいいですし、ストレス解消にぴったりです。紫外線を恐れるあまり、家のなかに閉じこもるのはかえって体によくありません。日常の心がけ次第で紫外線の悪影響は最小限に抑えることができますので、確実な紫外線対策を心がけてください。

紫外線対策5ヶ条

 

平塚卓

深野祐子(ふかのゆうこ)先生




本ページの記事は湧永製薬発行情報誌“大元気 春号”に好評掲載中です。

バックナンバー
教えてドクター「高齢者の目の病気」
教えてドクター「老人性うつ」
教えてドクター「後鼻漏」
教えてドクター「認知症」
教えてドクター「歯肉炎」
教えてドクター「ゴースト血管」
教えてドクター「冷え」
教えてドクター「歯肉炎」
教えてドクター「痛風」
教えてドクター「ドライマウス」
教えてドクター「血管の老化」
教えてドクター「加齢性難聴」
教えてドクター「統合失調症」
教えてドクター「腰痛」
教えてドクター「便秘」
教えてドクター「老人性 うつ病」
教えてドクター「加齢臭の悩み」
教えてドクター「糖尿病の悩み」
教えてドクター「歯周病の悩み」
教えてドクター「不眠症の悩み」
教えてドクター「認知症の悩み」
教えてドクター「歯周病の悩み」
教えてドクター「座骨神経痛の悩み」
教えてドクター「夏バテの悩み」
教えてドクター「皮膚のかゆみの悩み」
教えてドクター「紫外線の悩み」
教えてドクター「中高年の胃腸の悩み」
教えてドクター「中高年の骨の悩み」
教えてドクター「高年の腸の悩み」
教えてドクター「中高年の目の悩み」
教えてドクター「肝臓の病気予防と対策」
教えてドクター「膝の痛みの予防と対策」
教えてドクター「骨粗鬆症の予防と対策」
体を温める食材と食べ方を身につけよう
おいしく食べて体を温めよう
体を温めて美容と健康を手に入れよう
『冷え』からおこるやせない体の仕組み
燃やしてやせるコツ教えます!
食べて燃やすコツ教えます!
食べて守るコツ教えます!
食べてやせるコツ教えます!
歯の健康は、全身の健康!
寒くなったら注意したい しもやけ・あかぎれ
OTC医薬品の正しい飲み方、使い方
もう悩まない!尿もれ
花粉症をふきとばせ!
急性膵炎と慢性膵炎
太りやすい、痩せにくいが遺伝子でわかるってホント!?
尿酸値が高い状態が長年続くこと。これが「痛風」になる条件です。
うつ病は「心の風邪」?いえいえ、「心の骨折」です。
基礎代謝をアップして脂肪にさよなら!
実践したい「腰痛の悩み」改善&予防法!
「夏・肌のトラブルこれで解決!」