あなたの元気を未来につなぐ WAKUNAGA

わくわく健康情報館

ホーム >  わくわく健康情報館 > 教えてドクター
大元気流「不眠症」と上手につきあう不眠症の悩み
「不眠症」の症状を教えてください。

不眠症のタイプ「認知症」とは、正常に働いていた脳の機能が低下し、記憶や思考への影響がみられる病気です。物事を記憶したり判断したりする能力や、時間や場所・人などを認知する能力が低下するため、日常生活に支障がでてきます。今までできていたことができなくなったり、通い慣れているはずの道がわからなくなって迷子になってしまった、大切な約束を忘れてしまった、同じことを何度も聞いたりするようになったなど、こうした”もの忘れ “には単なる加齢によるものと、認知症の初期段階の場合とがあります。次のような症状があった場合は専門医に相談するようにしましょう。
 認知症にはいくつか種類があります。なかでもいちばん多いのは、「アルツハイマー型認知症」で、脳神経が変性して、脳の一部が萎縮していくことで起きる認知症です。次に多いのは、脳梗塞や脳出血など脳血管障害による「血管性認知症」、大脳皮質などの神経細胞に「レビー小体」がたまり、細胞が死滅する「レビー小体型認知症」と続きます。これらは三大認知症といわれ、全体の約8割を占めています。
*レビー小体とは、「αシヌクレイン」というたんぱくを主な成分とする物質で、神経細胞内に形成されます。

部位別脳の働き(脳の部位と主な働き)

三大認知症のそれぞれの特徴

「不眠症」を引き起こす原因を教えてください。

最初は「問診」が行われ、どのような症状があるのか、日常生活への支障はどの程度なのか、などを確認します。もし本人が質問に対して記憶が抜け落ちている可能性がある場合は、家族など周囲の人が付き添って受診しましょう。その内容で認知症が疑われる場合には「認知機能テスト」が行われ、何が原因になっているのかを確認するために「血液検査」「画像検査」などの検査が行われます。認知症の診断は上記のようなことを総合して行われます。

認知症の診断

「不眠症」の対処法を教えてください

効果的な薬の塗り方 現在は認知症を完全に治す治療法がありません。そこで認知機能の低下を少しでも遅らせたり、認知機能障害があっても、できる限り快適な生活を送れるようにするのが治療の目的です。
 治療法には、薬物療法と非薬物療法があります。薬物療法は、アルツハイマー病の中核症状の進行をある程度抑える効果が期待される薬が若干あるだけで、脳血管性認知症に効果がある薬剤は今のところありません。そのため、非薬物療法によって症状を抑えることが主な治療法となります。
 認知症の予防法についても、今のところ効果的な予防法はありません。ただし1日30分程度のウォーキングを週に3回程度行うなど、運動を継続的に続けることは認知症予防に効果的と考えられています。
 治療を行ううえで大切なことは、毎日の生活における家族のケアです。認知症の症状が出てくると、本人の気持ちを考えずに、叱りつけたりすることがあります。まずは家族の方が認知症の病気をよく理解し、そのうえで介護施設や医療機関の力を借りながら、コミュニケーションをとって楽しく過ごすことが重要です。眠れなくなるのが慢性不眠です。眠る工夫は止め、朝まで起きていてみるくらいの気持ちをもつようにしてみてください。

 

宮武 良輔

宮武 良輔(みやたけ りょうすけ)先生




本ページの記事は湧永製薬発行情報誌“大元気 夏号”に好評掲載中です。

バックナンバー
教えてドクター「老人性うつ
教えてドクター「後鼻漏」
教えてドクター「認知症」
教えてドクター「歯肉炎」
教えてドクター「ゴースト血管」
教えてドクター「冷え」
教えてドクター「歯肉炎」
教えてドクター「痛風」
教えてドクター「ドライマウス」
教えてドクター「血管の老化」
教えてドクター「加齢性難聴」
教えてドクター「統合失調症」
教えてドクター「腰痛」
教えてドクター「便秘」
教えてドクター「老人性 うつ病」
教えてドクター「加齢臭の悩み」
教えてドクター「糖尿病の悩み」
教えてドクター「歯周病の悩み」
教えてドクター「不眠症の悩み」
教えてドクター「認知症の悩み」
教えてドクター「歯周病の悩み」
教えてドクター「座骨神経痛の悩み」
教えてドクター「夏バテの悩み」
教えてドクター「皮膚のかゆみの悩み」
教えてドクター「紫外線の悩み」
教えてドクター「中高年の胃腸の悩み」
教えてドクター「中高年の骨の悩み」
教えてドクター「高年の腸の悩み」
教えてドクター「中高年の目の悩み」
教えてドクター「肝臓の病気予防と対策」
教えてドクター「膝の痛みの予防と対策」
教えてドクター「骨粗鬆症の予防と対策」
体を温める食材と食べ方を身につけよう
おいしく食べて体を温めよう
体を温めて美容と健康を手に入れよう
『冷え』からおこるやせない体の仕組み
燃やしてやせるコツ教えます!
食べて燃やすコツ教えます!
食べて守るコツ教えます!
食べてやせるコツ教えます!
歯の健康は、全身の健康!
寒くなったら注意したい しもやけ・あかぎれ
OTC医薬品の正しい飲み方、使い方
もう悩まない!尿もれ
花粉症をふきとばせ!
急性膵炎と慢性膵炎
太りやすい、痩せにくいが遺伝子でわかるってホント!?
尿酸値が高い状態が長年続くこと。これが「痛風」になる条件です。
うつ病は「心の風邪」?いえいえ、「心の骨折」です。
基礎代謝をアップして脂肪にさよなら!
実践したい「腰痛の悩み」改善&予防法!
「夏・肌のトラブルこれで解決!」