あなたの元気を未来につなぐ WAKUNAGA

わくわく健康情報館

ホーム >  わくわく健康情報館 > 教えてドクター
大元気流「不眠症」と上手につきあう不眠症の悩み
「不眠症」とはどのような病気ですか。

 ひと口に「不整脈」といっても、拍動が早くなる頻脈性不整脈、拍動が遅くなる除脈性不整脈、拍動のタイミングがずれる期外収縮があります。ただ、不整脈は健康な人にも起こっています。例えば、健康な成人の心拍数は1分間に60〜100回とされていますが、運動した時は心拍数が増えて毎分100回を超えることはよくありますし、寝ていると心拍数が遅くなる人もいます。不整脈がある場合、それが命に危険があるものかどうかという事が重要です。
 中高年で多いのは、「動悸がする」「胸が痛いと感じる」「脚がひどくむくむ」などの症状がでる「心房細動」です。一般的に75歳以上の患者さんだと、10人に一人くらいは経験していると思います。
 不整脈の種類によって症状は違いますが、拍動が遅くなると体内に十分な血液が流れなくなるので「めまい」「息切れ」「だるい」などの症状が現れ、拍動が早くなると「息が苦しい」「動悸がする」といった症状を感じます。不整脈では、症状が現れる場合と、現れない場合があります。症状の有無にかかわらず、治療が必要な場合もあるので、何か気になる症状がある場合は、不整脈専門医を受診しておくといいでしょう。

AEDを使ってみよう

「不眠症」の診断ではどのような検査をするのですか?

 不整脈の診断では、まず診察(問診)を行い、そのあと詳しい検査を行います。問診の段階ではどのような場面でどのような症状がでるか、既往歴、使用している薬、日常の過ごし方などを詳しく聞きます。心臓は電気刺激によって拍動を繰り返しているため、心電図検査で刺激系統の異常などを調べます。
 また心臓の構造に異常があると不整脈を起こすことがあるので、心臓超音波検査「心エコー」で心臓の様子を画像に映し出し、心臓の構造や動いている様子を観察したり、血流の方向、速度を調べます。
 また、脚のつけ根などの静脈から「カテーテル」という細い管を挿入し、心臓まで進めて検査を行う「カテーテルアブレーション」という方法もあります。これは、検査を行うと同時に、原因のある心筋の部位を確認した後、その部位に高周波電流を通電して焼却する治療もかねています。原因を直接焼くので、根治が期待できます。

心電図の種類

治療方法を教えて下さい

 病気の種類や症状の出方にもよりますが、命に関わる場合は投薬でコントロールします。それでもコントロールできない場合は、「植え込み型除動細動器」を体内に植え込み、心臓が痙攣して止まったら心臓に電気ショックを与えて、本来の拍動になるように調整します。
 症状に応じて飲む薬は違いますが、薬物療法では心臓を規則正しいリズムで拍動する状態に戻して、その状態を維持することが目的です。薬を飲むことで症状を出にくくしたり、再発を抑えることが可能です。ただし、薬の飲みあわせには注意が必要なので、服用している薬がある場合は前もって担当医に伝えましょう。
 命に関わるような不整脈をもつ患者さんは、心臓の構造や収縮力に問題がある方が多く、そういう患者さんに薬を使うと、逆に死亡率が高まる事もあります。不整脈のタイプや患者さんの状態などさまざまな点を検討して、専門医の指示のもとで治療を始めることが大切です。

植え込み型除動細動器のイメージ

日常生活ではどのようなことを気をつけたらいいでしょうか?

 患者さんにとって不整脈の症状がつらくない場合は、今まで通りの生活で大丈夫です。ただし、不整脈の症状がある場合は、不整脈を起こしやすい要因を作らないことが大切です。人により要因は違いますが、高血圧の人は塩分を控えめにした食事を心がける、肥満の方は減量を心がけて心臓の負担を減らす、またアルコールがきっかけで不整脈を誘発する場合もあるので、飲酒はほどほどにする、激しい運動は控える、過剰なカフェイン摂取を控える、睡眠不足や過労も注意が必要です。
 患者さんのなかには、規則正しい生活を心がけるだけで、症状が改善する方もいます。意外と多いのは、気温や気圧の変化がある季節の変わりめです。自分がどのような時に症状が出るかを把握し、予防していくことが大切です。まずはその動作を控えること。専門医と相談し、自分の体と上手につき合っていくことが大切です。

ストレスも大敵

 

三好俊一郎

三好俊一郎(みよししゅんいちろう)先生




本ページの記事は湧永製薬発行情報誌“大元気 秋号”に好評掲載中です。

バックナンバー
教えてドクター「老人性うつ
教えてドクター「後鼻漏」
教えてドクター「認知症」
教えてドクター「歯肉炎」
教えてドクター「ゴースト血管」
教えてドクター「冷え」
教えてドクター「歯肉炎」
教えてドクター「痛風」
教えてドクター「ドライマウス」
教えてドクター「血管の老化」
教えてドクター「加齢性難聴」
教えてドクター「統合失調症」
教えてドクター「腰痛」
教えてドクター「便秘」
教えてドクター「老人性 うつ病」
教えてドクター「加齢臭の悩み」
教えてドクター「糖尿病の悩み」
教えてドクター「歯周病の悩み」
教えてドクター「不眠症の悩み」
教えてドクター「認知症の悩み」
教えてドクター「歯周病の悩み」
教えてドクター「座骨神経痛の悩み」
教えてドクター「夏バテの悩み」
教えてドクター「皮膚のかゆみの悩み」
教えてドクター「紫外線の悩み」
教えてドクター「中高年の胃腸の悩み」
教えてドクター「中高年の骨の悩み」
教えてドクター「高年の腸の悩み」
教えてドクター「中高年の目の悩み」
教えてドクター「肝臓の病気予防と対策」
教えてドクター「膝の痛みの予防と対策」
教えてドクター「骨粗鬆症の予防と対策」
体を温める食材と食べ方を身につけよう
おいしく食べて体を温めよう
体を温めて美容と健康を手に入れよう
『冷え』からおこるやせない体の仕組み
燃やしてやせるコツ教えます!
食べて燃やすコツ教えます!
食べて守るコツ教えます!
食べてやせるコツ教えます!
歯の健康は、全身の健康!
寒くなったら注意したい しもやけ・あかぎれ
OTC医薬品の正しい飲み方、使い方
もう悩まない!尿もれ
花粉症をふきとばせ!
急性膵炎と慢性膵炎
太りやすい、痩せにくいが遺伝子でわかるってホント!?
尿酸値が高い状態が長年続くこと。これが「痛風」になる条件です。
うつ病は「心の風邪」?いえいえ、「心の骨折」です。
基礎代謝をアップして脂肪にさよなら!
実践したい「腰痛の悩み」改善&予防法!
「夏・肌のトラブルこれで解決!」