あなたの元気を未来につなぐ WAKUNAGA

わくわく健康情報館

ホーム >  わくわく健康情報館 > 教えてドクター
大元気流「歯周病」と上手につきあう歯周病の悩み
「歯周病」とはどのような病気ですか。

 歯周病は、口腔内にいる歯周病菌が出す毒素によって起きる炎症で、細菌による感染症です。歯肉病が進行すると、増殖した歯周病菌が全身や肺に入り込み、全身の健康状態にも深刻な影響を及ぼすことがわかってきています。
 口腔は、食事や呼吸を通じて常に外界と接しているところなので、歯周病菌をすべて追い出し、完全無菌な状態を保つことは不可能です。大事なことは、歯周病菌はどのような条件で繁殖して、歯周病を引き起こすのかを知り、過剰に繁殖することを防ぐためのケアをすることです。
 歯周病菌は特に糖分を多く含んだ食べものが口腔内に付着すると、繁殖しやすくなります。そして糖分や炭水化物を分解してプラーク(歯垢)を形成し、そのなかでさらに繁殖を続けます。プラークを食べカスと思っている人もいますが、正体は「菌の塊」です。歯みがきの前の歯の表面や歯と歯肉の境目などに黄白色の物体が付着しているのがプラークなのです。
 プラークは軟らかく、歯ブラシやデンタルフロスなどで取り除くことができますが、完璧になくすことはできません。残ったプラークは数日から2週間程度で硬い歯石になります。歯石になると歯磨きで取り除くことができなくなります。

プラークが残りやすいところ

「歯周病」の症状について教えてください

 歯周病は重症になるまで、ほとんど自覚症状が現れないため、「サイレント・ディジーズ(沈黙の病気)」といわれています。歯周病になると、まず歯肉炎が起きます。その後、時間の経過とともに歯周炎に移行していきます。健康な歯肉はピンク色をしていて硬く引き締まっていますが、歯肉炎になると歯肉が赤く腫れて出血しやすくなります。硬いものをかじったり、歯みがきをしたときに出血する場合は、歯肉炎や歯周炎が進行した可能性があります。歯肉炎は炎症が歯肉に留まっている状態なので、この段階でしっかりとケアすれば2週間から1か月程度で元に戻ります。
 歯周病菌は、主に歯と歯肉の境目に棲息しています。特に危険な場所が、歯と歯肉の間の「歯肉溝」。歯肉炎が進行するにつれて深くなり、そこに多くの病原菌が棲みつきます。この状態が「歯周ポケット」です。ここに棲みついた歯周病菌は、毒素を吐き出しながら歯周ポケットをさらに深くします。歯周ポケットの深さが6ミリ以上になると歯を支える歯槽骨がかなりの程度まで溶けて、そのまま放っておくと進行して歯根を支えられなくなるため、やがて歯は抜け落ちてしまいます。
 歯周病は、普段の歯ブラシでいつも出血したり、歯肉が腫れる、歯がグラグラする等の症状を主症状とします。また歯周病は、独特の口臭を放ちます。これは歯を磨いてもよくなるものではなく、日が経つにつれてひどくなります。ただし、自分では気づきにくいため、周囲の人がよそよそしくなった、会話時に接近しようとしないなどが思い当たる場合は、歯科医院を受診しましょう。
 歯周病は生活習慣病の一つです。自覚症状がなくても、不規則な生活リズムや糖・脂肪の多い食事、喫煙、ストレス、睡眠不足など日常生活で思い当たる要因があれば、検査を受けてみるとよいでしょう。

歯周病の進行

診断の流れと治療法を教えてください

 初診では、問診やさまざまな検査を行います。問診では自覚症状の有無や治療に関する希望、持病の有無などを聞き、診断・治療の際の予備知識にします。問診を終えたら口腔内を検査。視診・触診では口腔内を観察し、プラークや歯石の状態、歯の揺れ具合、歯肉の状態を確認します。染め出し検査では、プラークの付着部分が赤く染まる染め出し剤を使い、付着状況をチェック。歯周ポケット測定では、ポケットプローブですべての歯のポケットの深さを調べます。その他、口腔内写真撮影や唾液検査などを行います。
 歯周病治療の基本は、プラークや歯石を除去して歯周組織を健康な状態に戻すことです。歯周病が軽度であれば、十分に改善できます。歯周病が進行してしまった場合は外科的処置を行うこともありますが、歯を守る治療も可能です。例えば、プラークや歯石が歯周ポケットの奥深くに付着している時は、歯肉を切開してクリーニングします。歯槽骨の減りが激しく歯の揺れが大きい時は、歯周組織を再生する処置をします。

歯周ポケット測定

日常生活で気をつけることを教えてください

 まずは歯周病原菌を増殖させないようにコントロールし、健康な口腔状態を保つことが大切です。ただし、歯石になると自分では取りきれないため、定期的に歯科医院を受診し、歯石やプラークを取り除く「お口の定期メンテナンス」を受けましょう。歯は人により角度も大きさも違うため、あなたの歯を知り尽くした歯科衛生士に、治療後の生活や歯磨き法について指導を受け、より効果的なセルフケアを心がけましょう。またバランスのよい食生活や規則正しい生活リズムをつくるなど生活面での改善も大切です。
 これらを実行することで、かなりの程度の再発を防ぐことができ、治療後も良好な状態を維持することができます。生涯にわたり大切な歯を守っていくためにも、定期的な歯科医の受診と継続して、口腔環境を整えていく努力をすることが大切です。

歯周病のリスクファクター

 

西村 紳二郎

西村 紳二郎(にしむらしんじろう)先生




本ページの記事は湧永製薬発行情報誌“大元気 冬号”に好評掲載中です。

バックナンバー
教えてドクター「老人性うつ
教えてドクター「後鼻漏」
教えてドクター「認知症」
教えてドクター「歯肉炎」
教えてドクター「ゴースト血管」
教えてドクター「冷え」
教えてドクター「歯肉炎」
教えてドクター「痛風」
教えてドクター「ドライマウス」
教えてドクター「血管の老化」
教えてドクター「加齢性難聴」
教えてドクター「統合失調症」
教えてドクター「腰痛」
教えてドクター「便秘」
教えてドクター「老人性 うつ病」
教えてドクター「加齢臭の悩み」
教えてドクター「糖尿病の悩み」
教えてドクター「歯周病の悩み」
教えてドクター「不眠症の悩み」
教えてドクター「認知症の悩み」
教えてドクター「歯周病の悩み」
教えてドクター「座骨神経痛の悩み」
教えてドクター「夏バテの悩み」
教えてドクター「皮膚のかゆみの悩み」
教えてドクター「紫外線の悩み」
教えてドクター「中高年の胃腸の悩み」
教えてドクター「中高年の骨の悩み」
教えてドクター「高年の腸の悩み」
教えてドクター「中高年の目の悩み」
教えてドクター「肝臓の病気予防と対策」
教えてドクター「膝の痛みの予防と対策」
教えてドクター「骨粗鬆症の予防と対策」
体を温める食材と食べ方を身につけよう
おいしく食べて体を温めよう
体を温めて美容と健康を手に入れよう
『冷え』からおこるやせない体の仕組み
燃やしてやせるコツ教えます!
食べて燃やすコツ教えます!
食べて守るコツ教えます!
食べてやせるコツ教えます!
歯の健康は、全身の健康!
寒くなったら注意したい しもやけ・あかぎれ
OTC医薬品の正しい飲み方、使い方
もう悩まない!尿もれ
花粉症をふきとばせ!
急性膵炎と慢性膵炎
太りやすい、痩せにくいが遺伝子でわかるってホント!?
尿酸値が高い状態が長年続くこと。これが「痛風」になる条件です。
うつ病は「心の風邪」?いえいえ、「心の骨折」です。
基礎代謝をアップして脂肪にさよなら!
実践したい「腰痛の悩み」改善&予防法!
「夏・肌のトラブルこれで解決!」