あなたの元気を未来につなぐ WAKUNAGA

わくわく健康情報館

ホーム >  わくわく健康情報館 > 教えてドクター
大元気流 教えてドクター「糖尿病」
「糖尿病」とはどのような病気ですか?

 私たち人間は食事から摂取したブドウ糖を主なエネルギーにして活動しています。ブドウ糖は、食べ物に含まれている糖質が分解されてできる物質のことで、血液により全身に運ばれ、エネルギーとして利用されます。その血液に含まれるブドウ糖を血糖といい、その量は血糖値で示されます。
 血糖値は通常、基準値を超えないようにインスリンというホルモンで管理されていますが、インスリンの作用不足で、血糖値の高い状態が続くのが「糖尿病」です。
 糖尿病の初期は、ほとんど自覚症状がありません。症状が進むと、血液中のブドウ糖が増えすぎて尿のなかにもれ出すため、排尿の回数が増えます。排尿が増えることで体内の水分が減るので、のどが渇くようになり、水分の摂取量が多くなります。また、ブドウ糖を上手に利用できないので、栄養の吸収がうまくいかず、普通の食事をとっていても体重が減ってきます。このような症状が出始めたら、糖尿病の症状はかなり進行している状態といえます。

糖尿病の自覚症状

「糖尿病」の種類を教えてください

 糖尿病は大きくわけて2つの種類があります。1つは「1型糖尿病」で、生活習慣や肥満と関係なく主に学童期の子ども10万人に2人ほどの確率で発症するといわれています。1型は必ずインスリン注射が必要です。
 日本人のほとんどが「2型糖尿病」です。2型は、膵臓からのインスリンの作用が不足することで起こりますが、日本人は遺伝的にインスリンが少ないのが特徴です。2型は中高年になると増えますが、その原因のひとつが肥満です。発症には、食事や運動などの生活習慣が大きく関係しています。最近は食生活の欧米化で 10歳代でも肥満で運動不足が続いていると、2型を発症するケースがあるので注意が必要です。

「糖尿病」の治療方法を教えてください

 糖尿病で最も恐ろしいのは、全身の動脈硬化が進行し、さまざまな合併症を併発することです。まず、糖尿病と診断されたら、血糖をベストな状態にコントロールすることが大切なので、「食事療法」「運動療法」が重要になります。
 食事療法では厳しい食事制限があると思う人もいらっしゃいますが、管理栄養士がそれぞれの生活習慣にあった、無理なく続けられるプランで指導します。
 食物繊維やビタミン、ミネラルを含む野菜やきのこ類を多めにし、脂質を少なめにしましょう。炭水化物のとり過ぎに注意し、バランスよく栄養素を摂取することが重要です。また、糖尿病があると高血圧を発症しやすいので、食塩摂取量を抑えることも忘れないでください。
 運動療法も、食事同様に毎日続けて行うことが大切です。食事から摂取されたブドウ糖は筋肉で消費されます。体を動かして筋肉が動けば動くほどブドウ糖が消費されるので、血液中のブドウ糖の量は少なくなります。
 食後の15分でいいので、早足でのウォーキングや少しきつめのストレッチなど、軽く汗をかく程度の運動がおすすめです。また、運動は爽快感を得ることができ、認知症や骨折予防の効果も明らかになっています。
 生活習慣の改善で目標が達成できない場合は、内服や注射の薬物療法を行います。内服薬にはインスリン抵抗性を改善する薬、インスリンの分泌を促す薬、糖の吸収や排せつを調整する薬など7種類ほどあります。
 注射には、インスリンの分泌を血糖応答性に刺激するGLPー1という薬剤と、ヒトインスリンを合成したもの、様々な工夫で作用時間を調整したインスリンがあります。
 インスリン注射は量やタイミングを誤ると低血糖をおこすことがあります。低血糖におちいると意識を失ったり、正常な判断ができなくなったりすることもあり危険です。

食事療法の注意点

「合併症」について教えてください

 糖尿病の三大合併症は、「糖尿病網膜症」「糖尿病性腎症」「糖尿病性神経障害」です。網膜症は、網膜内の血管に障害が起こり、視力の低下失明を招く病気です。糖尿病性腎症は、血液をろ過して不要な老廃物を尿として排泄する働きをする腎臓の機能が障害される病気で、進行すると人工透析が必要になってきます。神経障害は高血糖の直接障害や末梢循環不全で、主に感覚神経や自律神経が機能低下するものです。感覚の低下、痺れが代表的な症状で、足底がじんじんする、ぴりぴりするなどの訴えが初期症状です。また体のリズムをつかさどっている自律神経が障害されると発汗の異常、血圧が不安定になって立ちくらみが起きたりします。
 加えて、糖尿病は「認知症」を引き起こすひとつの要因と考えられています。脳細胞はブドウ糖が唯一のエネルギー源です。高血糖も低血糖も認知機能に影響を及ぼすとされています。

糖尿病の合併症

日常生活で気をつけることを教えてください

 尿病の診断を受けたら、上手に付き合うことが大切です。血糖がほぼ正常化しても完治したとは思わず、ずっと検査値を確認し続けることが必要です。そのためにも、まずは健康診断を受けましょう。肥満や運動不足は糖尿病の原因になります。身長(m)×身長(m)× 22で自分の標準体重を求めることができます。ただしこの数値はあくまでも身長のみから算出されるもので、個々の体重の歴史、筋肉量や骨格のサイズは考慮していません。20歳頃の体型からどれくらい変化したかを考えて、自分なりの目標体重を設定しましょう。
 毎日、血圧と体重を計り、記録することが推奨されます。過体重が減少したら食事療法や運動療法がうまくいっていることになります。頑張ったけど体重が増えてしまったら、やっぱりどこかで食事がオーバーしてしまったと考えましょう。糖尿病と診断されたら、病気のことをよく知って上手に付き合えばいいわけです。
 もちろん、糖尿病にならないことが理想です。未病という言葉がありますが、糖尿病にならないように、若い頃から適度な運動、バランスの良い食生活、適正体重の維持を心がけましょう。

 

朝長 修

朝長 修(ともなが おさむ)先生




本ページの記事は湧永製薬発行情報誌“大元気 春号”に好評掲載中です。

バックナンバー
教えてドクター「老人性うつ
教えてドクター「後鼻漏」
教えてドクター「認知症」
教えてドクター「歯肉炎」
教えてドクター「ゴースト血管」
教えてドクター「冷え」
教えてドクター「歯肉炎」
教えてドクター「痛風」
教えてドクター「ドライマウス」
教えてドクター「血管の老化」
教えてドクター「加齢性難聴」
教えてドクター「統合失調症」
教えてドクター「腰痛」
教えてドクター「便秘」
教えてドクター「老人性 うつ病」
教えてドクター「加齢臭の悩み」
教えてドクター「糖尿病の悩み」
教えてドクター「歯周病の悩み」
教えてドクター「不眠症の悩み」
教えてドクター「認知症の悩み」
教えてドクター「歯周病の悩み」
教えてドクター「座骨神経痛の悩み」
教えてドクター「夏バテの悩み」
教えてドクター「皮膚のかゆみの悩み」
教えてドクター「紫外線の悩み」
教えてドクター「中高年の胃腸の悩み」
教えてドクター「中高年の骨の悩み」
教えてドクター「高年の腸の悩み」
教えてドクター「中高年の目の悩み」
教えてドクター「肝臓の病気予防と対策」
教えてドクター「膝の痛みの予防と対策」
教えてドクター「骨粗鬆症の予防と対策」
体を温める食材と食べ方を身につけよう
おいしく食べて体を温めよう
体を温めて美容と健康を手に入れよう
『冷え』からおこるやせない体の仕組み
燃やしてやせるコツ教えます!
食べて燃やすコツ教えます!
食べて守るコツ教えます!
食べてやせるコツ教えます!
歯の健康は、全身の健康!
寒くなったら注意したい しもやけ・あかぎれ
OTC医薬品の正しい飲み方、使い方
もう悩まない!尿もれ
花粉症をふきとばせ!
急性膵炎と慢性膵炎
太りやすい、痩せにくいが遺伝子でわかるってホント!?
尿酸値が高い状態が長年続くこと。これが「痛風」になる条件です。
うつ病は「心の風邪」?いえいえ、「心の骨折」です。
基礎代謝をアップして脂肪にさよなら!
実践したい「腰痛の悩み」改善&予防法!
「夏・肌のトラブルこれで解決!」