あなたの元気を未来につなぐ WAKUNAGA

わくわく健康情報館

ホーム >  わくわく健康情報館 > 教えてドクター
大元気流 教えてドクター「糖尿病」
「老人性うつ病」について教えてください

 うつ病は高齢者にも多い病気で、若い人たちのうつ病とは症状や治療法が異なります。高齢者のうつ病にはストレスが関係している場合もありますが、退職や子どもの独立などによる生活環境の変化、身近な人との死別、老化に伴い病気にかかりやすくなる、体力が衰えるなどの「喪失体験」がきっかけとなることも少なくありません。 また、高齢者特有の要因として、脳の機能低下があります。脳の血流が悪くなり、感情や意欲に関する機能が低下すれば、うつ病を引き起こしやすくなります。
 老人性うつ病は、気分が落ち込む、感情が乏しくなり無表情になる、何にも興味をもたず無関心になる、食欲不振、不眠、注意力や集中力の低下など、認知症の症状と重なる部分が多くあります。
 また自分で気づかないケースも多いので、治療が遅くなり、最悪の場合は自殺をしてしまう場合もあります。少しでも気になることがある場合は、早めに専門医に相談することが大切です。

老人性うつ病を発症する喪失要因の例

症状と診断について教えてください

 老人性うつ病は、身体的な症状が起こりやすいのが特徴です。例えば、歯のかみ合わせが悪い、頭痛がひどい、耳鳴りがするなど、いずれも原因となる疾患はないのに、体の不調を訴え続けます。また、不安感や焦燥感が強くなり、落ち着きがなくなる、食事をとらない、急に痩せるなどもわかりやすい症状です。
 診断では、それらの症状のほかに抑うつ気分や興味や喜びの喪失があるか、家族がいる場合は普段の生活や行動パターンを聞き、認知症なのか、老人性うつ病なのかをさまざまな角度から判断していきます。
 例としては、記憶障害です。老人性うつ病の場合は、何かを聞かれたときに深く考えずに「わからない」と答えます。認知症の場合は、忘れていること自体を忘れています。物忘れに関しても、老人性うつ病の場合は、自分で物忘れに気づき、それを不安に感じて「自分はもうだめだ」と落ち込みます。他にも不安な気持ちがつのるため、動きまわったり、虚無感や自殺願望を訴えることがあります。

老人性うつ病と認知症の違い

治療法を教えてください

 治療は通常のうつと同じように抗うつ剤の投与やカウンセリングが中心となります。老人性うつ病の場合は、若い世代のうつ病とは異なり、遺伝的・内因的な要素の影響が少ない病気です。かわりに生活の変化など環境的な要因が原因となることが多いので、環境を整えることも治療の一環となります。診察などにも一緒に来てくれ、症状を理解してサポートしてくれるような家族がいる場合は、家族の協力を得ることも重要です。ただし、自分たちの判断で気分転換のために無理に外出させたり、「がんばって」などの励ましの言葉をかけることが逆効果の場合もあります。患者の症状をよく知っている医師と相談しながら、あせらずゆっくりと進めることが大切です。
 高齢者は、持病の薬を飲んでいるケースが多いので、薬の飲みあわせにも注意が必要です。例えば、常時飲んでいる薬と抗うつ薬に含まれる薬に同じ作用のものがあり、知らずに両方を飲むと副作用が強く出てしまいます。診断の際には、自分がどのような薬を飲んでいるかを医師に伝えるため、おくすり手帳などを活用するようにしてください。また、うつ病以外で命に関わるような病気がある場合は、先にそちらの治療を優先させて行うなど、さまざまな点を考慮しながら治療方針を決めていきます。

高齢者に現れやすい薬の副作用の症状

日常生活で気をつけることを教えてください

 老人性うつ病を予防するために、最も効果的なのは 積極的に人と関わりをもつこと ≠ナす。私たち人間は、いくつになっても社会や周囲の人から、存在を認めてほしい、必要とされたいという欲求があります。特に定年退職を迎えるまで、休日も深夜もバリバリと働いていたような男性は、退職という人生にひとつの節目を迎え、生活環境が激変します。急にやることがなくなり、自宅にこもるようになるという状況が、老人性うつ病を引き起こすきっかけにつながります。
 例えば、第二の人生として退職後に楽しめる趣味を早いうちに見つけておく、また趣味や特技、それまでの仕事の経験を活かして社会活動やボランティア活動に参加するのもいいでしょう。また、地域のコミュニティー活動に参加をして、交流関係を広げておく、週に何度か出かけられる場所を確保しておくなども効果的です。
 実は料理を作るという行為は手だけでなく頭も使います。食べる人の人数を考えて、それぞれの好みを把握し、全体量を考えて材料を買いに行き、食べる時間に間に合うように順序を考えて調理をする。高齢になると、家事のなかで料理が一番大変だという人が多いのは、このような段取りが苦手になってくるというのも理由のひとつです。一日一食はかならず自分で作るようにするなどと決めるだけでも、生活にメリハリができるのでおすすめです。
 老人性うつ病は、適切な治療を行うことで症状を和らげることができます。何か心配なことがあったら誰かにすぐ相談するなど、一人で抱え込まないようにすることが大切です

糖尿病の合併症

 

五味 常明

酒井 和夫(さかい かずお)先生




本ページの記事は湧永製薬発行情報誌“大元気 秋号”に好評掲載中です。

バックナンバー
教えてドクター「老人性うつ
教えてドクター「後鼻漏」
教えてドクター「認知症」
教えてドクター「歯肉炎」
教えてドクター「ゴースト血管」
教えてドクター「冷え」
教えてドクター「歯肉炎」
教えてドクター「痛風」
教えてドクター「ドライマウス」
教えてドクター「血管の老化」
教えてドクター「加齢性難聴」
教えてドクター「統合失調症」
教えてドクター「腰痛」
教えてドクター「便秘」
教えてドクター「老人性 うつ病」
教えてドクター「加齢臭の悩み」
教えてドクター「糖尿病の悩み」
教えてドクター「歯周病の悩み」
教えてドクター「不眠症の悩み」
教えてドクター「認知症の悩み」
教えてドクター「歯周病の悩み」
教えてドクター「座骨神経痛の悩み」
教えてドクター「夏バテの悩み」
教えてドクター「皮膚のかゆみの悩み」
教えてドクター「紫外線の悩み」
教えてドクター「中高年の胃腸の悩み」
教えてドクター「中高年の骨の悩み」
教えてドクター「高年の腸の悩み」
教えてドクター「中高年の目の悩み」
教えてドクター「肝臓の病気予防と対策」
教えてドクター「膝の痛みの予防と対策」
教えてドクター「骨粗鬆症の予防と対策」
体を温める食材と食べ方を身につけよう
おいしく食べて体を温めよう
体を温めて美容と健康を手に入れよう
『冷え』からおこるやせない体の仕組み
燃やしてやせるコツ教えます!
食べて燃やすコツ教えます!
食べて守るコツ教えます!
食べてやせるコツ教えます!
歯の健康は、全身の健康!
寒くなったら注意したい しもやけ・あかぎれ
OTC医薬品の正しい飲み方、使い方
もう悩まない!尿もれ
花粉症をふきとばせ!
急性膵炎と慢性膵炎
太りやすい、痩せにくいが遺伝子でわかるってホント!?
尿酸値が高い状態が長年続くこと。これが「痛風」になる条件です。
うつ病は「心の風邪」?いえいえ、「心の骨折」です。
基礎代謝をアップして脂肪にさよなら!
実践したい「腰痛の悩み」改善&予防法!
「夏・肌のトラブルこれで解決!」