あなたの元気を未来につなぐ WAKUNAGA

ニュース/トピックス

ホーム >  ニュースリポート  > ニュース

ニュース

2011年01月28日

ワクナガ オブ アメリカ社/米国カリフォルニア州の新工場の竣工式開催について



 湧永製薬株式会社(本社:大阪市 社長:湧永寛仁)の海外における生産・販売拠点であるワクナガ オブ アメリカ社(Wakunaga of America Co.,Ltd.)は、本日(現地時間1月27日午前)米国・カリフォルニア州リバーサイド郡ミラローマ市に完成した新工場の竣工式を執り行いました。

 竣工式には、日本政府より在ロサンゼルス日本国総領事 伊原純一氏、リバーサイド郡より、Chairmanのボブ・バスター氏(Bob Buster Chairman)をはじめ、多数の連邦・州・郡政府関係者、そしてカリフォルニア大学 ロサンゼルス校医学部教授 マシュー・ブドフ博士(Dr. Matthew Budoff)などの科学者や、北米を中心とした取引先やお客様など、総勢約200名が出席いたしました。

 式の冒頭でワクナガ オブ アメリカ 中村社長は、世界各国から集まった参列者に対し感謝の言葉を述べるとともに、「現在、米国をはじめ世界46ヵ国で当社の製品を販売しており、新工場の稼動により、さらに多くの人びとの健康維持に貢献すべく、製品の供給拡大に努めたい。また、良き企業市民として地域に貢献していきたい」と挨拶いたしました。

 新工場は、米国・欧州・日本の三極をはじめとする各国の医薬品GMP基準*1に適合するOTC医薬品工場で、米国内・海外へ向けて供給する医薬品・健康補助食品100種類以上を製造いたします。
 生産能力は旧工場と比べて約2倍増となり、今後さらなる品質向上を図るとともに、全世界への拡販体制をより一層強化いたします。
 
 湧永製薬は昨年創立55周年を迎え、今後事業の国際展開をさらに加速させる上で重要な拠点となる米国新工場が完成したことで、グローバル市場でのさらなる事業拡大と企業価値の向上に努めてまいります。
*1 Good Manufacturing Practice:製造管理および品質管理規則
 
なお、新工場の概要は下記のとおりです。

<新工場の概要>
【所在地】
カリフォルニア州リバーサイド郡ミラローマ市
11216 Philadelphia Avenue, Mira Loma, CA 91752 (ロサンゼルス市から東へ約100km)
 
【建物延床面積】4,922

【敷地面積】16,184

【生産品目】米国内・海外に向けて供給する医薬品・健康補助食品(100種類以上)

【操業予定時期】2011年3月予定

【人員】約100名

ワクナガ オブ アメリカ社の会社概要ほか詳細につきましては、こちらよりご覧ください。

報道資料はこちらよりご確認ください。

WOA.jpg

ワクナガ オブ アメリカ新工場外観