あなたの元気を未来につなぐ WAKUNAGA

ニュース/トピックス

ホーム >  ニュースリポート  > ニュース

ニュース

2016年11月24日

導出化合物「delafloxacin」が米国食品医薬品局(FDA)に新薬承認申請

湧永製薬株式会社が研究開発し導出に成功したキノロン系抗菌剤delafloxacinが米国MELINTA THERAPEUTICS社からBaxdelaとして10月24日、米国食品医薬品局(FDA)に新薬承認申請されました。適応症は急性細菌性皮膚・皮膚組織感染症(ABSSSI)です。本剤の特徴は臨床ニーズの高いメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を含む広い抗菌活性を持つことです。
 本剤は優先審査が適応され2017年半ばに承認の可否が決定される予定です。

詳細に関してはMELINTA THERAPEUTICS社のホームページをご覧ください。
 
当社としては、アステラス製薬株式会社との共同開発後に導出したセファロスポリン系抗菌剤(ZERBAXA®)に続く二つ目の抗菌剤になります。ZERBAXA®は現在米国メルク社から米国、EUを始めとする各国で発売されています。