あなたの元気を未来につなぐ WAKUNAGA

会社案内

ホーム > 会社案内(ごあいさつ)

ご挨拶

前へ次へ

世界の人びとの「健康で長生き」を願って

代表取締役 湧永寛仁

 平素より湧永製薬株式会社をお引き立ていただき誠にありがとうございます。
当社は今年で創立62周年を迎え、これもひとえに皆様方の長年にわたるご支援とご厚情の賜物と感謝申し上げます。


当社は、お客様に「いきいきワクワクした毎日」を提供することを使命とし、創業以来「予防」「品質」「カウンセリング」を基本方針に、お客様の信頼にお応えする優れた製品を生み出し、専門家のカウンセリングとともにお届けすることで、皆様の健康づくりをサポートしてまいりました。現在では、主力製品の「レオピン」シリーズは日本のみならず、海外では「Kyolic」(キョーリック)ブランドとして世界50か国以上での販売実績となり、国内外の累計出荷本数は2億本以上となっております。

2013年からはOTC医薬品業界ではパイオニアとなるトレーサビリティシステムを導入し更なる安心・安全の高みを目指し運用を開始いたしました。
また、レオピンシリーズのご購入などによりポイントがたまる「ワクナガメンバーズカード」を通じてお客様の「いきいきワクワク」した人生を応援するため、様々な体験や価値を提供する取り組みを進めております。

研究開発部門におきましては、「ヘルスケア」「創薬」「試薬・診断薬」を3本柱とし、年間売上高の10%以上の経営資源を研究開発費として積極的に投入しチャレンジを続けております。
ヘルスケア事業におきましてはレオピンシリーズの原料である「熟成ニンニク抽出液」の研究が進み、循環器系に加えて老化防止領域の分野や更に幅広い分野でも新たな可能性を示唆するデータが多数報告されております。
また、創薬事業におきましては、当社が研究開発を行い導出に成功したキノロン系抗菌剤delafloxacin が米国MELINTA THERAPEUTICS社からBaxdela™として米国食品医薬品局(FDA)に新薬承認されました。当社としては、アステラス製薬株式会社との共同開発後に導出したセファロスポリン系抗菌剤(ZERBAXA®)に続く二つ目の抗菌剤になります。
時代に先駆け取り組んでまいりました試薬・診断薬事業では、独自のバイオ技術を活かした試薬・診断薬の開発に実績を重ねております。

一方、スポーツを通じた活動にも積極的に取り組んでおります。「元気でいきいきとした毎日」を応援したいという思いから、上肢・下肢の切断障がいを持った選手がプレーする「アンプティサッカー」の普及・発展活動に協力しております。
その他、スポーツを通じた社会貢献活動やスポーツ活動の啓蒙などが評価され、平成27年度には「東京都スポーツ推進企業」として認定されました。
ハンドボール部も2020年の東京オリンピックに向け世界で戦える選手の育成のため、海外留学などを通じ更なる強化に取り組んでおります。
昨今、製薬業界を取り巻く環境は大きく変化しており、特に社会保障費の増加に伴い国の政策は急激な変化が見込まれております。厚生労働省では、「かかりつけ薬局」の推進や「健康サポート薬局」の届出制度など様々な機能が提唱されています。国が提唱する「セルフメディケーション推進」はまさに当社が長年提唱してきた「予防」「カウンセリング」に通じるものであり、当社が果たすべき役割を見据え、より一層社業に邁進したいと考えております。

これからも「自主技術の開発による優れた製品を通じ、広く社会に貢献する」という企業理念のもと、たゆまぬ挑戦を続けてまいります。
引き続き、皆様の変わらぬご愛顧とご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

湧永製薬株式会社                   
代表取締役社長  湧永寛仁

前へ次へ