あなたの元気を未来につなぐ WAKUNAGA

わくわく健康情報館

ホーム >  わくわく健康情報館 > 今月の健康情報

今月の健康情報

ワクナガが誇る健康のエキスパート陣が、最近気になる健康キーワードを解説。

動脈硬化
by Nobuko Kodaka(湧永製薬 学術・営業薬制部)


2017年の日本人における主な死因第2位の心疾患と第3位の脳血管疾患の大多数は、動脈硬化が原因で起こっています。心疾患と脳血管疾患で亡くなった人数を合わせると、死因第1位の癌と同じくらいの数になります。健康な生活を送るためには、動脈硬化を予防することが大切です。

◆◇動脈硬化とは

動脈硬化とは、文字どおり動脈が硬くなることをいいます。 動脈は心臓から全身に血液(酸素と栄養)を送る血管です。本来、血管にはしなやかな弾力性があり、その中を血液がスムーズに流れています。 ところが、血管の壁が傷つくと、そこにコレステロールなどが付着して血管が厚くなり、さらに高血圧の影響を受けたり、カルシウムが沈着すると血管が硬くなっていきます。これが動脈硬化です。 動脈硬化を起こした血管は狭くなり、血液が流れにくくなります。進行すると血栓が形成され、体の様々な場所の血液の流れが妨げられてしまいます。
%C6%B0%CC%AE%A4%CE%B7%EC%B4%C9.png


◆◇動脈硬化かどうか知るには

動脈硬化は、脳動脈、冠動脈、大動脈、手足の動脈など全身の血管で起こりますが、動脈硬化そのものには診断基準はありません。コレステロール値や危険因子等を考慮して、どのくらい動脈硬化が進んでいるかを推測します。



◆◇動脈硬化がもたらす病気

%C6%B0%CC%AE%B9%C5%B2%BD%A4%C7%B5%AF%A4%B3%A4%EB%C9%C2%B5%A4%AD%A3.PNG 動脈硬化が起こっていても、症状を感じることはほとんどありません。しかし、そのまま放置すると血管が詰まったり破れたりして、心筋梗塞、狭心症、脳卒中などの重大な病気を引き起こすことがあります(右図)。症状を感じることがない動脈硬化ですが、心臓や脳等に影響が出てくると、息切れ、胸痛、手足のしびれ等が出てきます。これらは動脈が詰まっている時に起こりやすい症状です。  

◆◇動脈硬化の原因

年齢を重ねると伴に血管はしなやかさを失うため、動脈硬化は一種の老化現象という面もあります。しかし、その進み具合は、年齢以外にも様々な要因が関係していると考えられています。一般的にLDL(悪玉)コレステロールが高いことに加えて、喫煙、高血圧、糖尿病、歯周病などの危険因子が多いほど動脈硬化になりやすくなります。
%C6%B0%CC%AE%B9%C5%B2%BD%A4%CE%B4%ED%B8%B1%B0%F8%BB%D2%AD%A2.png

◆◇動脈硬化の進行を抑えるには
%AD%A4.png


参考)
1)動脈硬化の病院を防ぐガイドブック,日本動脈硬化学会, http://www.j-athero.org/guide/
2)動脈硬化は怖い病気のはじまり,日本動脈硬化学会
3)食と運動で動脈硬化を予防,NHK今日の健康2015.6


いかがでしたか?健康について、お近くのクスリ屋さんに相談してみませんか?
こちらから、お近くの日専同のお店が探せます。

湧永製薬は「日専同(日本専門薬局同志会)」を応援しています!

バックナンバー