あなたの元気を未来につなぐ WAKUNAGA

会社案内

ホーム > 会社案内 > ワクナガのあゆみ(創業)

ワクナガのあゆみ

創業の時代

オイゲン・シュネル博士創業者湧永満之

 1955年6月1日、湧永製薬株式会社は前身である湧永薬品株式会社として設立されました。

 創業者の湧永満之は、日本の医薬品販売について強い懸念と改革の理想を抱き、「医薬品は専門家の適切な指導の下に正しく販売、使用されるべきである」との経営方針を掲げました。

 当時神戸で「ファーマコン製薬研究所」を主宰していたドイツの著名な化学者オイゲン・シュネル博士がその考えに共鳴し、お互いの東洋医学や生薬への強い関心と理解もあり、その親交は事業協力者へと発展します。シュネル博士が監督製造していた痔疾用剤と外用皮膚薬を一手に販売することから薬品会社としての信頼度を高め、湧永製薬の企業としての歴史が始まったのです。